独立系調査会社によるロボットプロセスオートメーションの強力な実績を持つKofax

独立系調査会社によるロボットプロセスオートメーションの強力な実績を持つKofax – 記事

Kofax Kapowソフトウェアは、主要取引、エレガントアーキテクチャ、費用対効果の高い導入が認められています

情報集約プロセスを自動化し、デジタルに変換するソフトウェアのリーディングサプライヤであるKofax®は、Forresterが2018年Forrester Wave™評価に参加するよう招待した会社の一つであるForrester Wave™:ロボットプロセスオートメーション(Q2 2018)を発表しました。この評価ではKofaxはロボットプロセスオートメーション(RPA)でStrong Performerに引用されています。この評価は、現在のオファリング、戦略、市場プレゼンスという3つの領域に重点を置いています。
この報告書では、Kofax Kapow™を評価し、次のように述べています。

「アーキテクチャはエレガントです。お客様は、Dockerコンテナを使用してRoboServersを配布して拡張することができます。このコンテナは、管理されている仮想マシンを使用する伝統的なRPAの展開よりも費用対効果があります。」
「CitrixサポートなどのデスクトップRPA機能の向上を明らかにします。神経回路技術をベースにした表面オートメーションです」
「Kofaxは、最初の段階では、大規模なデータプールのアプリケーションにのみ適していましたが、今は財務会計と管理(F&A)と主流RPAが活発に使用されます。」
「Kofaxと隣接するコンテンツ製品(例えば、キャプチャおよびBPM)を保有している企業やボットあたりのライセンスではなく、実行ベースの企業であればKofaxを選定でいます。」

銀行、保険、製造、流通、物流、政府やその他の垂直市場で幅広い水平と業界活用事例を通じて数十万台のKapowソフトウェアロボットが600以上の企業の顧客に配布されます。

「ForresterはこのRPA評価でKapowをStrong Performerで認められようになったことを嬉しく思います。Kapowのアーキテクチャは、今日の企業全体に広範囲RPA配置を介してポイントソリューションから簡単なコスト効率へと拡張することができます。」

とKofax最高経営責任者であるReynolds C. Bishは語っています。

「次世代RPAデイストリビューションは、ユーザーの進化するニーズをよりよく解決することができる強力なインテリジェントドキュメントキャプチャおよびプロセスの自動化機能が必要です。Kofaxは、独自のソフトウェア・ポートフォリオの一部として、これらの機能を備えた唯一のRPAのサプライヤーであり、今後の成功を加速します。」

Kofax紹介

Kofaxは、フロントとバックオフィス操作全般にわたって人間と情報の集中的なプロセスを自動化し、デジタルに変換するソフトウェアとソリューションのリーディングサプライヤです。これにより、顧客の参加を画期的に改善し、運用コストを大幅に削減し、コンプライアンスリスクを軽減し、競争力、成長、および収益性を高めることができます。幅広いソフトウェアおよびソリューションをクラウドまたは前提に配置することができ、ロボットのプロセスの自動化、ビジネスプロセス管理、マルチチャネルキャプチャ、およびその他の非常に重要な機能が含まれています。これにより、金融サービス、保険、政府、医療、サプライチェーン、ビジネスプロセスアウトソーシングおよびその他の市場で20,000人以上のKofaxお客様に迅速に投資収益率を提供しています。Kofaxは、直接販売およびサービス組織とアメリカ、EMEA、アジア太平洋全域の60カ国650以上の間接チャネルパートナーを通じてソフトウェアおよびソリューションを提供しています。詳細については、kofax.comをご覧ください。
©2018 Kofax,Inc. KofaxはKofax Limitedの登録商標であり、Kofax KapowはKofax Limitedの商標です。

このプレスに関するお問い合わせはこちらより。

注釈

  • 「ロボットプロセスオートメーション(RPA)」

1.RPA(Robotic Process Automation)とは
「RPA」とは、ロボットによる業務自動化の取り組みを表す言葉です。「デジタルレイバー(Digital Labor)」や「仮想知的労働者」とも言い換えられ、人間の知能をコンピューター上で再現しようとするAIや、AIが反復によって学ぶ「機械学習」といった技術を用いて、主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担います。
人間が行う業務の処理手順を操作画面上から登録しておくだけで、ソフトウェアはおろか、ブラウザやクラウドなどさまざまなアプリケーションを横断して処理します。
RPAは、すでに工場のライン業務などで導入の進むITやロボットの活動範囲をホワイトカラー業務に拡大し、より広範な業務に対応できる技術として大きな可能性を秘めた分野です。人間と共存し、業務を分担することによって売り上げに寄与する働きが期待されます。

2.RPAが必要とされる背景と日本における労働環境の変化
2-1 RPAが注目され始めた理由
2060年には、国民の約2.5人に1人が65歳以上の高齢者になるという、世界でも類を見ない超高齢化社会を控えている日本。総人口は減少の一途を辿り、労働力の中核を成す15歳以上65歳未満の生産年齢人口も1990年代をピークに減少傾向が続いています。日本経済に与えるインパクトをできる限り軽減するために、早期に生産年齢人口をカバーしなければならないことは明らかでしょう。
現在、未就業の状態にある人々の就業支援や、外国人労働者の受け入れだけでは到底追いつかないほどのスピードで進行する人手不足をいかに速やかに補完するかは、近年大きな課題とされてきました。
そこで、注目を集めているのがRPAです。
すでに工場のライン業務などでは、人間を補助する戦力としてITやロボットの導入が進んでいます。RPAは、その範囲をホワイトカラー業務に拡大し、より広範な業務に対応できる技術として大きな可能性を秘めているのです。


http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141210.html

2-2 RPAの導入で変わる未来
RPAの登場によって、これまで「人間にしかできない」とされてきた仕事も、ロボットによる代行が可能になりました。
これを受けて、欧米を筆頭に政府レベルでRPAの導入が進みつつあります。日本の経済産業省も、RPAによる国会答弁集作成の高度化を検討しており、2017年の通常国会から本格導入したい考えを明らかにしました。
さらに、「ほかに代替機能がないためにやむを得ず人間が行ってきた」ともいえる単純作業に近い事務処理や、書類関係の作業が比較的多い金融業界や人事・採用に関わる部署など、旧態依然とした業務が多く残る業種・職種にも業務改善の可能性が生まれることになります。
紙媒体のデータ化はもちろん、そのデータに基づく一定の業務フローが自動化されるという点で、非常に画期的だといえるでしょう。削減したマンパワーを、より創造性が求められる分野に充てることによって、生産性の向上と経営の改善にもつながります。

原文はこちら: Kofax Named a Strong Performer in Robotic Process Automation by Independent Research Firm

ワイヤレスインフラストラクチャの進化:人工知能、5G、モバイルエッジコンピューティングを技術とビジネスの側面から分析 世界のIoTに関するレポート公開中