NokiaとChina Mobile、人工知能と機械学習を利用したさらなる研究のための共同AI * 5G実験室を5Gネットワークに設置

NokiaChina Mobile人工知能機械学習を利用したさらなる研究のための共同AI * 5G実験室を5Gネットワークに設置 – 記事

  • MoUは5G RANネットワークAI機械学習を使用して無線リソース管理、トラフィック予測を研究するために署名しました。
  • 技術革新と統合を加速するために、中国杭州で共同AI*5G研究所設立。
  • NokiaChina Mobileが第3者と協力して、将来の超高速5GとEdge Cloudサービスを形成しながら、共同RANエコシステムを育成します。
  • China Mobileは、ソリューションの定義と関連公開APIインターフェースの標準化、ソリューションを確認し、デモの開発を担当するNokiaをリードします。
  • Nokia ReefSharkベースAirScale Cloud RANとAirFrameオープンサーバを含むNokia5G Future Xアーキテクチャを活用

NokiaとChina Mobileは、将来のネットワークを最適化し、新しいEdge Cloudと5Gサービスを提供することができる人工知能AI)と機械学習の可能性を調査するためにMoUに署名した。両社は、Nokia5GフューチャーXアーキテクチャを利用した技術の使用例を検証するためのデモシステムを開発するために、中国杭州に研究所を共同設立する予定であり、China Mobileはシナリオの選択、要件の確認、公開APIの標準化とソリューションを定義し明確にます。

数十億個のIoTデバイスと増加する消費者サービスで5Gネットワークに信じられないほど急速に変化する接続とサービス要求が発生すると、ネットワークは、このような変化をリアルタイムで予測して対応します。新しい契約に基づいてNokiaとChina Mobileは、AIの適用と機械学習を研究して、需要の変化を予測して、ネットワークリソースが一貫して高い品質と信頼性に、すべてのサービスの要件を満たすように自動的に割り当てられます。
Hangzhouの新しい研究室でNokiaとChina Mobileは、AIと機械学習を活用して、クラウド、仮想現実ゲームのようなサービスを提供するために、ネットワークを最適化するために、第三者と協力して、オープンRANと5Gのエコシステムを育成します。同社の研究では、Nokia AirScale Cloud RAN、AirFrame OpenRack、オープンサーバとReefSharkチップセットとNokiaが開発したAIミドルウェアを使用して、組み込みインテリジェンスにアクセスします。NokiaとChina Mobileはまた、技術分野の試験とデモンストレーションを実施する予定です。

China Mobile Research Institute、CMRIのYuhong Huang副局長は、

「China Mobileは、長い間、人工知能を適用して、オープンでコラボレーション的な5G+ AIのエコシステムを構築するために努力しています。このMOUに署名することにより、5G RANネットワークに適用される大規模なデータと機械学習技術の研究への協力を開始し、5Gネットワークのインテリジェンスを向上させるために、最近に始まったO-RAN同盟の共同の努力を喜んでいます。複雑さを軽減したネットワークの新しい機能をナビゲートすることができます。」

と述べています。

Nokia Mobile Networksの社長であるMarc Rouanneは、

「私たちがChina Mobileを介して行われる操作は、オープンインターフェイスとツールキットを使用して、顧客が5Gネットワーク内で可能性のある顧客を助けることができる方法の代表的な例です。機械学習は、無数の新たなサービスの機会を可能にするものであり、私たちは、5G Future Xアーキテクチャの機能を活用して、China Mobileの人工知能研究を支援して、将来のネットワークを最適化し、多くの革新的な新サービスを提供できるようになって喜んでいます」

と語っています。

リソース

タグ:5G、人工知能、クラウドRAN

Nokia紹介

私たちは、世界を接続する技術を創造します。Nokia Bell Labsの研究と技術革新に基づいて、私たちは、通信サービスプロバイダ、政府機関、大企業や消費者に、業界で最も完全な製品、サービス、およびライセンスのポートフォリオを提供しています。
私たちは、社会的目的、品質との整合性を備えた技術を開発する際に、最高の倫理ビジネスの標準に準拠します。ノキアは、5GのためのインフラストラクチャとInternet of Thingsを介して人間の経験を変化させている。nokia.com

このプレスに関するお問い合わせはこちらより。

注釈

  • 「5Gネットワーク」

「1G」アナログ携帯電話時代、「2G」デジタル化とデータ通信、「3G」初の世界標準、「4G」スマホと高速化、「5G」脱スマホ社会


「ビーム多重」と「ミリ波帯の利用」のイメージ

5Gは「すべての端末とすべてのアプリケーションのための技術」と言えます。速度や遅延時間などのネットワーク性能について明確なゴールを掲げることに加えて、具体的な活用シーンを想定し、その活用シーンに見合った通信仕様や、その仕様をクリアするための新技術が開発テーマに上がっています。
大規模スポーツイベントにおける活用シーンとしては、スタジアムに来場している利用者に向けて、ゴールシーンやスタジアム内のライブ中継の高精細映像を、スマートフォンやタブレットで視聴するサービスが想定されています。
ここでは、比較的小さなエリアに密集している何万台もの端末全てが数100Mbpsでデータ通信するというネットワーク環境を実現しなければならない。
このネットワーク環境を作るには、1)今のモバイルネットワークで使われていない高い周波数帯域を使って、2)これまで実現できていない10Gbpsクラスの超高速無線通信を、3)数万台クラスの多数の端末が密集している場所でも安定的に通信させる―という新技術が求められます。
このほかにも、多数の基地局を限られたエリアに設置して運用するため、

「基地局側の消費電力をWi-Fiアクセスポイント並みの10W程度に抑えたい」

という大きな課題が出てきます。
この活用シーンに向けた技術開発はすでに始まっています。例えば富士通では、1)密集している多数の端末と基地局が効率よく通信できる技術である「ビームの分割多重」を開発し、2)これまで使われていない高い周波数であるミリ波を用いて、2)多数のアンテナ素子を用いて電波を目的の方向に集中させる「ビームフォーミング」で高速化する技術開発を進めています。
課題となる基地局の低消費電力化については、ビームフォーミングを実現するアンテナアレイの消費電力を削減する「サブアレイ間符号化技術」を富士通研究所が開発することで、高速・大容量でありながら低消費電力を実現しました。
Wi-Fi並みの低電力での超高速通信10Gbpsが実現すれば、ネットワークの構築・運用・設計が容易になり、スタジアムだけでなく、駅や空港、イベント会場などにおいて高精細映像を含むリッチなコンテンツをフル活用した情報提供が現実味を帯びてきます。

原文はこちら: Nokia and China Mobile to set up joint AI*5G lab for further research using artificial intelligence and machine learning in 5G networks

【IoTレポート】次世代スマートファクトリー:産業用ロボット、IIoT、3D印刷、高度なデータ管理 世界のIoTに関するレポート公開中