【IoT用語集】Proof of Conceptとは?

IoT用語集】Proof of Conceptとは? – 記事

はじめに

Proof of ConceptPoC)とは、概念検証の意味でコンセプト・アーキテクチャを説明し、実証するために作られるコードや製品・設備のことを言います。ソフトウエア開発の有用性や投資の呼び込み・経営陣に対する投資判断の提供のために、デモやテストを行う際に使われる言葉です。

ソフトウエアの脆弱性テストのためには、「概念実証コード」を用いることが有用です。また、新規にベンダーを起用する・システム導入を行う際に競争状態にあるベンダー・システムのどちらを選ぶかといった局面でもコンセプトの実証が有効ですので、大型のプロジェクトの前に行われるといった例が見られます。

なお、製薬・映画産業などにおいてもPoCが行われますが、ここではソフトウエア産業におけるPoCを取り上げます。

PoCの目的

PoCが行われる背景は、「危険」「大量」「多額の投資」が見込まれる場合にビジネスへのネガティブなインパクトを最小限にとどめるという目的があります。仮にコンセプト・テストの段階で失敗してもそれは最小限の投資で済ませることができますが、いきなりコンセプト・テストの段階を抜きにしてモノを作ることは、リスクが大きすぎます。
このような目的から、PoCは経営陣・スポンサー・調達サイドに向かって行われることが多くあります。

PoCの評価の観点

PoCを行う際に評価の観点となるのは、次の3要素です。

  1. 実用性の検証 パフォーマンスの評価・システム導入の効果測定・脆弱性の低減などシステムが開発・導入したところで実用に耐えうるかどうかの検証をPoCにより行います。
  2. 期間の短縮 システム導入について、競合する製品のどれが良いか、または、導入するかしないか、経営陣・スポンサーのジャッジから利用までの期間を短くするためにPoCが有用です。実用性の検証は既に完了しているケースにおいては、この効果が顕著です。
  3. コストの検証 システム導入は、運用におけるコストも含めて検証しておかないと往々にして予算を上回るコストがかかります。PoCにより、費用対効果が確実に検証できるほか、コストの上振れが大きいシステムはそもそも導入を見直すといったジャッジも効果的に行えることとなります。

PoCが行われる場面

上記の目的から、PoCが多く行われるのは

  • ソフトウエア開発 コンセプト実証・負荷テスト等
  • 製品開発 コンセプトモデルのリリース
  • セキュリティ とくに攻撃を模したコードを使った脆弱性テスト
  • システム導入ないしベンダー選定時 デモユース等
  • 政府系などの大型プロジェクト 実証実験とも呼ばれることが多い

といった場面です。

政府系などの大型プロジェクト・通信キャリアの大規模試験などでは、「実証実験」との用語も用いられますが、PoCと同義、と考えてよいでしょう。
ただし、これらの「実証実験」においては、多数のコンセプトがシリーズとして投入され、効果測定される事例が多いといえます。

代表的なPoCと手法

〇SaaS用等のWebアプリおよびサーバの負荷テスト
負荷テストというと、テストツールが登場してツールを一定時間使用した場合の平均パフォーマンスをとって終わりといったことが典型的な流れです。

しかし、クラウドサーバが主流のWebアプリケーションにおいては、パフォーマンスが重大な問題であると同時に仮にWebサーバのパフォーマンスに問題があれば、構築を1からやり直さなければならないことから先にWebサーバにフルの負荷をかけ、PoCをクリアすることが重要な課題となっています。

これらの需要を満たすオープンソースベースの負荷テストツールも登場しています。また、要件定義前のフェーズ・運用前段階で運用予定に合わせたPoCを行うなど二段階に分けることも多くあります。

〇概念実証用コードによる脆弱性の発見
開発者コミュニティでも大企業のサイトにおいても、随所に概念実証用コードによるセキュリティ検証を促す情報が公開されています。サイバー攻撃の可能性を企業内ソリューションに発見し、早期に適切な対応を行うための必要不可欠な情報が概念実証用コードです。

概念実証用コードの中には、実行用のファイルを用意すればマルウエアに転化させることができるようなものもあり、取り扱いには細心の注意を要します。

〇ベンダーおよびシステム選定手続きにおけるPoC
CMSなどマーケティングに関してのシステム導入の際にRFIで情報を集め、RFPで提案を受けると同時にPoCによるコンセプトのデモあるいは効果の実証を行うことは、欧米では一般的に行われています。

また、とくにセキュリティを強固にする必要のあるシステムの導入においても、先に挙げた概念実証用コードによる脆弱性のテスト・デモ・ダミーデータによるテストなどPoCが慎重に行われています。

まとめ

PoCによるリスク低減は。現在のシステム開発やシステム導入になくてはならないものといえます。さらに、この概念実証さえうまくいけば、既存のベンダーだけでなくスタートアップから間もない企業であってもチャンスを与えられるという効果があります。

IoT時代は、多くの魅力的なスタートアップの登場が待ち望まれているだけに今後もより効果的なPoCに関する議論は尽きないと考えられます。

2222年までは世界のIoT分析市場が33.39%のCAGRで成長。その成長を担う企業と市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中