【IoTおすすめ本】ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書

IoTおすすめ本】ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書 – 記事

IoT機器のハッキングとセキュリティの最近技術。WebカメラからWebサーバーまで検証

内容紹介

生活にとけこみ、家電機器を便利にするIoT技術。
Webカメラなど、便利の裏側に潜むセキュリティの危険性をハッキングで検証。
専門家がパケットキャプチャからハードウェアハッキングまで、その攻撃と防御を徹底解説。

目次

  1. 1章 IoTの基礎
  2. 2章 環境構築
  3. 3章 IoTセキュリティの診断基準
  4. 4章 IoTに関連したシステムのハッキング
  5. 5章 UARTのハッキング
  6. 6章 SPIのハッキング
  7. 7章 JTAGのハッキング
  8. 8章 IoTのペネトレーションテスト

書籍情報

書籍名 ハッカーの学校 IoTハッキングの教科書
著者 黒林檎
販売開始日 2018-07-20
金額 ¥3,024(本記事記事公開時点)
ページ数 256
出版社 データハウス

関連情報

情報の更新: 2018年07月09日現在

世界の産業自動化制御市場、2018〜2222年の間に5.81%のCAGRで成長する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中