【IoTトレンド】「Windows 10 IoTをRaspberry Pi 3にインストールする方法」など最新のハウツー記事まとめ

IoTトレンド】「Windows 10 IoTRaspberry Pi 3にインストールする方法」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

Windows 10 IoTをRaspberry Pi 3にインストールする方法

今日は、Windows 10 IoTダッシュボードの使い方と、Windows 10 IoT CoreをRaspberry Pi 3にインストールする方法を紹介します。
先ず、正しい機器があるかチェックしましょう。Raspberry Pi 3には10GB以上のクラス10マイクロSDカードとフルサイズのSDアダプター、イーサネットケーブル、HDMIと5ボルト2アンペアのマイクロUSBが必要です。
次に、ネットでWindow IoTダッシュボードと検索し、Windows 10 IoTをダウンロードしてください。新しいデバイス設定画面で、Broadcom Raspberry Pi 2 & 3を選択します。デバイスタイプは、最新版のWindows 10 IoT Coreです。これが完了したらパスワードを設定します。ダウンロードが完了したら、SDカードを取り外します。
その後、Windows 10 IoT Coreセットアップの手順をフォローします。

話題の元記事はこちら: How to install Windows 10 IoT a Raspberry Pi 3

IIoTをクラウド無しで構築する方法

一般的に信じられていることとは異なり、エンタープライズ型IoTプロジェクトはクラウドプロバイダーやプラットフォームがなくても作動させることができますし、ある意味エッジコンピューティングだけに頼るほうが利点が大きいこともあります。
確かに、消費者向けに提供されているものの多くにおいて、クラウドは核となるものですが、エンタープライズプロジェクトに関しては、その限りではありません。
多くのIIoTアプリは、センサーデータ・ストリーミングをビジネスプロセスに統合することに焦点を当てており、イノベーション力の向上、予測メンテナンス及び自動化の促進を支援しています。
鍵となるアーキテクチャ・コンポーネントは、エッジコンピューティング・プラットフォーム、セントラル・データ・ノード、エッジ・インテグレーションです。これにより、コストの軽減、極めて低いレテンシー、迅速な対応、より強固なデータセキュリティなどが得られます。

話題の元記事はこちら: How to build an industrial IoT project without the cloud

ホリスティック・スマートシティ・アーキテクチャを構築する方法

スマートシティは、IoTを活用することで、サービスを向上し都市のインフラを最適化します。
スマートシティ・アーキテクチャをデザインする際には、その内容を吟味することが重要です。
IoTベースのスマートシティ・プラットフォームでは、スマートシングスのネットワーク、フィールド及びクラウドのゲートウェイ、データプロセッサーのストリーミング、データレイク、ビックデータのウェアハウス、データ解析、マシーンラーニング、コントロール及びユーザアプリなどを考慮します。
その他、サービスマネージメント・ソリューション、市民のポータルなども吟味する必要があります。

話題の元記事はこちら: How to build a holistic smart city architecture

IoTの成長は、チップ不足が原因で壁に突き当たるか?

IoTデバイスの数は、今後も増加し続けると予測されていますが、その成長の度合いの予測は、組織によって大きく異なっています。
もしビジネスの成長が、これらの予測に依存しているとすると、この差は大きな問題となります。
現状、チップメーカーは、予測されたIoTデバイス数の増加に対応できる生産能力がありません。これが予測された数字が達成できない大きな要因です。
その他にも、LTE-Mを選ぶかNB-IoTを選ぶかという選択課題もあります。北米では、VerizonとAT&TはLTE-Mを利用しています。しかし、その他の地域ではNB-IoTが主流を占めてきています。中国ではNB-IoTが利用可能となって以来、こちらを選択していますが、China TelecomはCat-Mを利用する動きを見せています。
主要なチップメーカーは、Altair Semiconductor、Huawei、Intel、Qualcomm、Samsung、Sierra Wireless、U-Bloxなどです。

話題の元記事はこちら: Will IoT’s growth hit a chipset wall? – IoT now – how to run an IoT enabled business

ビデオ監視システムへのIoTの脅威を緩和する方法

デジタル時代を迎え、私たちの行動を監視するビデオ監視システムなどには、厳格な規則とプロトコルが求められます。
「行動科学、コグニティブ・コンピューティング、マシンインテリジェンスが、成功をもたらす総合的なサーベイランスの提供や、ますます複雑化するグローバル規制環境への効率的かつ効果的な組織遵守にとって不可欠であると私たちは信じています。」と、Nasdaq CEOのAdena Friedmanは語ります。Nasdaqは2017年にロンドンベースのレギュラトリー・テクノロジー企業Sybenetixを買収し、フィジカル・セキュリティ・システムに注力を開始しました。これにより外部だけでなく内部からのセキュリティへの脅威に対応することが可能です。
エンドユーザーとその統合パートナーの双方にとって利益のあるソリューションを使うことは、コストの面でもその使い勝手の面でも魅力的です。

話題の元記事はこちら: How to mitigate IoT threats to video surveillance systems

5Gの位置づけ:通信事業者のケーススタディ – 5Gの準備段階にある主要なモバイルデータ事業者の18のプロフ... 世界のIoTに関するレポート公開中