【動画】Cloud IoT Coreを使ってIoTデバイスを管理しましょう

【動画】Cloud IoT Coreを使ってIoTデバイスを管理しましょう

Could IoT Coreをどのように使いこなすかについての動画です。

こんにちは、Jenny BrownとHeather Crossです。これから、IoTについてお話します。

みなさんはこの「IoT」という言葉に慣れていないと思いますが、私達は日々IoTの環境下で生きています。今回はGoogle Cloud IoT Coreに焦点を当ててみます。こちらはIoTデバイスを安全に接続して、管理するものです。

私達の言う事を聞き逃さないように気をつけて下さいね。

IoTは、従来インターネットに接続されていなかったデバイスを利用し、インターネット接続を行っています。でも一体なぜでしょう?データは常にデバイスやアプリケーションから生成されています。それらの相互通信能力を高める事で、たくさんのデータが実用価値のあるものとなるのです。

Cloud IoT Coreは世界中にある数百万ものIoTデバイスのデータの接続や管理を行う事が出来ます。サーバーレスで初期にソフトウェアのインストールをする必要もありません。

Google Cloud Platformを使い水平スケーリングを即座に行います。Cloud IoT Coreはデバイスがどこにあるのかを把握し、接続できるレジストリの作成を行います。

デバイスの遠隔測定データはCloud Pub/Subに転送されます。次に、APIかデータフローを使ってPub/Subのデータを抽出します。Dataflow は入力データの変換を行い、BigQuery又はBigtable へ蓄積します。BigQueryはリアルタイムでデータの分析をします。

それでは、少し実験してみましょう。備考欄のリンクであなたも同様の事が出来るのでぜひやってみて下さい。40分で全ての設定が出来ます。今回の実験ではGoogle Cloud Platformの使い方と、デバイスの登録、そして接続を行います。

まずはCloud Pub/Subにてデバイスの登録を行います。デバイスを追加したら、GCPに接続するためにPublic Keyの設定を行います。

Node.jsを起動してバーチャルデバイスを接続し、遠隔測定を行います。ここまできたら、クラウドシェルでコマンドを実行してCloud Pub/Subへのサブスクリプションを作成します。

次にMQTTブリッジを使用してCloud IoT Coreに接続します。出力は、サンプルデバイスがメッセージを公開している事を示しています。今は25通のメッセージが公開されています。

最後に、公開されたメッセージを読む為のコマンドを実行します。

このビデオを気に入っていただければ幸いです。GCPは12ヶ月無料トライアルを提供しています。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
世界の産業自動化制御市場、2018〜2222年の間に5.81%のCAGRで成長する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中