【日本海外事例集】China MobileとNTTドコモが世界初のIoTマルチベンダーeSIMソリューションを発表 – 中国の法人顧客のIoT事業拡大を支援 –

China MobileNTTドコモが世界初のIoTマルチベンダーeSIMソリューションを発表 – 中国の法人顧客のIoT事業拡大を支援 – – 記事

China MobileNTTドコモは、7月2日にドコモからChina MobileへのクロスベンダーSIMプロファイルの切り替えを可能にするeSIM(1)ソリューションを開始すると発表しました。

このソリューションにより、中国のIoT機器を使用しているドコモの顧客は、2社の異なるSIMベンダーを採用しても、IOC機器のドコモからChina Mobileの携帯番号(プロファイル)へ切り替えることができ、物理的にSIMカードを交換する必要はありません。

これまで、異なるモバイル事業者は、モバイル・ネットワークを切り替える際に、同じベンダーを使用してeSIMプロファイルを上書きする必要がありました。しかし、このeSIMソリューションで採用された新しいGSMA 3.1(2)の仕様は、異なるSIMベンダーを使用するオペレーターのeSIM情報を上書きすることを可能にし、世界初のマルチベンダーeSIMシステムとなりました。

物理的なSIMカードを交換する必要性を排除することにより、新しいシステムは、企業が自動車や建設機械、農業機械、または生産機械を日本から中国で使用するためのネットワークの移動をスムーズに切り替えることを可能にします。

ドコモは2014年にeSIMソリューションを商品化し、2015年にTelefonica Brasil S.A.(Vivo)との商用サービスを開始しました。ドコモは、IoT World Alliance(3)、SCFA(4)、Conexus(5)などの国際モバイル事業者との提携を通じて、様々なeSIMプロジェクトを推進しています。 そして、ヨーロッパ、アジア、中東、アメリカへの段階的な拡大が計画されています。 ドコモは、eSIMソリューションとグローバルIoTソリューション「Globiot」を活用して、顧客のIoTサービスのグローバル展開を引き続きサポートします。

マルチベンダーのeSIMソリューションに関する情報は、6月27日から29日まで、中国のMobile World Congress Shanghai 2018でChina Mobileのブースに展示されます。

(1)eSIM(Embedded Subscriber Identity Module):モバイルオペレータ間の遠隔操作を可能にするソリューション。 従来のソリューションでは、SIMカードの手動交換が必要でした。
(2)GSMA 3.1:組み込みUICCテクニカル(3)仕様バージョン3.1のリモート・プロビジョニング・アーキテクチャーは、GSMA(GSM Association)組織によって標準化されています。GSMAは、800人以上の事業者、300のデバイス・メーカー、そしてIT企業から構成される世界で最も有名な電気通信業界グループです。
(3)IoT World Alliance:9つの電気通信事業者のグローバルなパートナーシップです。メンバーは、ドコモ、KPN、Rogers、SingTel、Telefonica、Telenor Connexion、Telstra、Veon、そしてDNAです。 (2013年設立)
(4)SCFA(Strategic Cooperation Framework Agreement):ドコモ、中国移動体通信グループ、KT株式会社の共同事業です。 (2011年契約凍結)
(5)Conexus(Conexus Mobile Alliance):アジア太平洋地域で最大のモバイル・アライアンスの1つです。 (2006年設立)。

China Mobile Internationalについて

China Mobile International Limited(CMI)は、China Mobileの完全子会社です。China Mobileは現在、ネットワーク規模と加入者ベースで世界最大の通信事業者であり、時価総額とブランド価値の面でトップを誇っています。China Mobileは、国際電気通信市場の需要増のため、より良いサービスを提供するために、2010年12月に国際事業の運営を中心とした子会社CMIを設立しました。China Mobileの強力なサポートを活用して、CMIはIDD、ローミング、インターネット、MNCサービス、および付加価値ビジネスを含む包括的な国際テレコミュニケーション・サービスを世界中で提供しています。香港に本社を置くCMIは、20ヶ国の異なる地域にまたがってフットプリントを拡大しています。http://www.cmi.chinamobile.com/ 

NTTドコモについて

NTTドコモは、顧客一人ひとりのスマートな生活を実現する、革新的で便利で安全なモバイル・サービスを提供しています。 同社は、全米の3Gネットワークと世界で初めての商用LTEネットワークの1つを含む先進的なワイヤレス・ネットワークを通じて、日本の6500万人以上のモバイル顧客にサービスを提供しています。 DOドコモは、モバイル・オペレーターとしてのユニークな機能を活用し、NFCモバイル決済、モバイルGPS、モバイルTV、直感的なモバイル・アシスタンス、環境モニタリング、スマートグリッドなどの最先端テクノロジーの開発をリードしています。 海外では、8つの移動体通信事業者およびその他のパートナー企業に技術的および運用上の専門知識を提供しています。8つの移動体通信事業者およびその他のパートナー企業に技術的および運用上の専門知識を提供しています。NTTドコモは、東京(9437)およびニューヨーク(DCM)証券取引所に上場しています。 詳細はhttps://www.nttdocomo.co.jp/english/ をご覧ください。

お問い合わせ先:https://nes.nttdocomo.co.jp/PINQ01/showinquiry.do

原文はこちら: China Mobile and NTT DOCOMO to Launch World’s First IoT Multi-vendor eSIM Solution

IIoTで農業機器のリアルタイムデータを収集し、農業の生産性を向上させる 世界のIoTに関するレポート公開中