【海外展示会2018】EPSON ROBOTS :T3 SCARAロボットで小型産業用ロボット市場への参入 | Advanced Manufacturing NY

エプソンのブランドイメージ

Advanced Manufacturing NY 2018の展示会では、営業スタッフの方が2種類の宝石を識別し、分別する小型のロボットアーム、「オール・イン・ワン T3 SCARAロボット」の展示、およびデモンストレーションをされていました。「展示を目的とするため、遅めのスピードで動かしていますが、通常はこの7倍のスピードで作業するんですよ」とのことでしたが、例え1/7の速さであったとしても、その動きはスムーズ且つ洗練されているように伺えました。

デモでは、ダイヤとエメラルドが混ざっている山の中からロボットアームが異なる石を素早く見定め、的確に振り分ける様子を見ることができ、その一連の作業は一切途切れることがありませんでした。
「エプソン」という会社名からは、プリンターやスキャナーといったオフィス機器のイメージがありますが、実際にはこのようなロボット分野の製品が半分を占めています。

小型産業用ロボット市場への参入

エプソンが産業用ロボット市場に参入したのは、今から30年以上前の1984年になります。きっかけは、エプソンが工場の一連の作業工程の自動化(ファクトリー・オートメーション)を図った際に、オフィス機器メーカーならではの高精度な小型部品の組み立てに関する知識をほかのメーカーへ共有し始めたことでした。自社のファクトリー・オートメーションを支えるために作成されたエプソンのロボットは、その後製造業界で一躍人気となりました。小型部品の組み立てに関する分野において常にリードしてきたエプソンですが、コンピューター上で行う作業工程のコントロールなどに関しても、エプソンが業界では初めてだと言います。

ロボット操作を誰でも簡単に学ぶことができ、安全に使えるということは、エプソンが最も大切に考えていることの一つです。時間をあまりかけることなく操作が出来るようになるということは、それだけロボットの普及率にも貢献することとなるからです。
まず、エプソンではロボットが何百もの言語に対応することにより、どの国の人間でも業務を簡易にかつ正確に行うことを可能としました。 小型産業ロボットの分野で最高と言われる開発ソフトウエアとコントローラーを生み出したことで、使いやすさに関しては業界のリーダーであると言っても過言ではありません。システムの性能を最大化し、開発時間を短縮するために統合された様々なオプションを持つオール・イン・ワンロボット、「T3 SCARAロボット」。高性能、高機能にもかかわらず販売価格はおおよそ$7500から、となっている模様です。

T3 SCARAロボット

Advanced Manufacturing NYでもひときわ目立ったSCARAロボット。このオール・イン・ワンロボットはシンプルであることをモットーに設計されたロボットです。同様の機能を持ち合わせた他社のロボットと比較すると、ずっと小型であることが特徴です。省スペース・ロボット、という言い方がぴったりかもしれません。それは、コントローラーをアームの基盤に組み込んだことにより実現しました。性能的には高性能ロボットシリーズとほとんど変わりがなく、展示会でダイヤモンドとエメラルドの選別作業デモンストレーションが行われていたように、単純な選別作業や組み立て作業に非常に適しています。特徴を具体的に挙げると次のようになります。

  • 革新的なオール・イン・ワンの技術により効率的な操作が可能
  • リニアスライドシステムと比較した場合、より高速処理が可能
  • コンパクトなデザイン
  • アームの長さは400ミリメートル。最大3キロまで持ち運び可能
  • はるかに高価な競合モデルに匹敵するパフォーマンス
  • T3の登場によりよりエプソンは世界一のSCARAロボット製造企業に

他社のSCARAロボットと比較した場合、そのデューティサイクルが強いことも特徴のひとつです。作業工程の自動化、つまりファクトリーオートメーションにはまだまだリニアスライドソリューションが用いられていますが、SCARAロボットはその低い価格と高い性能により、リニアスライドの優れた代替品となることは間違いないでしょう。
またSCARAロボットは、電源110ボルトでも動作するので、220ボルトが利用することが出来ない施設や研究所などに最適なモデルとも言えます。
実際、次のような様々な産業においてSCARAロボットはすでに活躍しています。

  • 自動車
  • エレクトロニクス
  • 消費者製品
  • 工業製品
  • 医療
  • 電気通信
  • 医薬品
  • 半導体

またエプソンブランドならではの品質・信頼性とサポートが、どのEpsonモデルを購入されても変わることなく利用することが出来るのも大きな安心保障の一つです。これからもますます活躍が期待されることでしょう。

世界のスマートファクトリー市場、2025年には約29.6億ドルに。見える傾向と市場の詳細分析レポート 世界のIoTに関するレポート公開中