【動画】automatica 2018 – スマートファクトリでの人間の位置づけ

【動画】automatica 2018 – スマートファクトリでの人間の位置づけ

機械の出来ることが増え、人間にしか出来ない仕事が減っています。この動画を通して、機械がどのぐらい信頼できるかを体感してみて下さい。

人間と機械との境目がなくなってきており、機械の知的レベルは向上しています。

拡張現実、ジェスチャーコントロールやウェアラブル端末などのデジタルアシスタントシステムがあれば、産業用ロボットが安全に作業出来る場所が増えていきます。automaticaでは、将来の作業場がどのようになるかを示しています。

ロボット工学そのものの進歩はもちろんですが、機械学習センサー技術、人工知能など様々な分野の進歩も大部分を占めています。今のロボットは従来のロボットと比べて比べ物にならない程の新技術が組み込まれています。

把持システムは人間とロボットとのコラボレーションをする際に必要不可欠な要素です。ジェスチャーのみで制御されるロボット(ハンド)では、将来的にプログラミングや複雑なソフトウェアを使用する必要はありません。スマートフォンの操作と同じように、作業員は直感的に行動する事が出来るのです。

人間がロボットとどうしたいのか、何をどうロボットに助けてもらいたいのかが明確になった時、人間とロボットの共同作業がうまくいきます。ジェスチャーをするだけでロボットにどうしてほしいのかが伝わるため、プログラミングをする必要がなくなったのです。ロボットがジェスチャー認識をして人間が行ったジェスチャーと全く同じ事をする時に最も効果的です。

ドイツのバイエルン州にある企業は作業場をより楽に魅力的にする為に、人間工学を使用したロボットを開発しました。

GBS German Bionic Systems:
私達はIndustry 4.0を中心として考えています。完全な自動化を目指す事ではなく、機械にあくまでもサポートされる事を目的としています。人々が健康的に働き続ける事ができるように、人々を支援したいと思っています。

ロボットと協働ロボットが一つになります。安川電機はデュアルシステムを考案しました。生産モードの時、ロボットは完全に自動で動き、生産効率を損なうことがありません。コラボレーションモードへの切り替えもすぐに行なえます。

今後数年間で、人間と機械がより親密になる事でしょう。人間の仕事と機械の仕事とを分離している保護用のフェンスも少なくなっていくはずです。これからの5年間での成長は凄まじいものになるでしょう。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】次世代スマートファクトリー:産業用ロボット、IIoT、3D印刷、高度なデータ管理 世界のIoTに関するレポート公開中