モノのインターネットが都市生活の質を改善する6つの方法

モノのインターネットが都市生活の質を改善する6つの方法 – 記事

アムステルダム市のイノベーション・マネージャー、Theo Veltman氏は、4月にロンドンで開催されたSmart to Future Citiesのサミットで、次のように述べています。

「技術が人々の幸せを助けることができなければ、技術が存在する理由はありません」

一方、IoT(モノのインターネット)エコシステムの現実のいくつかを追跡する継続的な努力の中で、IoTに関する市場調査を提供するIOT Analytics社は、検証する数千のウェブサイトを採掘し、1,600の企業IoTプロジェクトを分類しました。 2018年に初めて、プロジェクト最大のグループはスマートシティ部門(367プロジェクト)と結果が出ています。人口が1000万人を超える37の「メガシティ」を特徴とする世界では、 人々が機会と、より質の高い生活を求めていく中で、都市への移住を続け、都市を「もっとスマート(効率的)」な活用と資源管理、混雑と交通の軽減、そして健康で持続可能な環境を提供しなければなりません。

都市がIoTを活用している6つの方法

さて、都市は現在IoTを活用して都市生活を改善し、都市住人の幸せをどのように高めているでしょうか? ここには6つの例があります。

交通混雑の緩和

多くの都市がIoTイニシアチブで自然に取り組んでいる最初の事の1つは、交通渋滞を緩和し、運転手が駐車する場所を見つける手助けをすることです。インテリジェントな交通システム、より安全な道路、指向駐車、摩擦のない通行料の統合されたIoT対応インフラストラクチャー、インテルが主催するJuniper Researchの調査によると、駐車料金はドライバーに年間60時間まで返すことができるといいます。Intelligent Transportation Society of Americaのデータによると、都市のすべての渋滞の30%は、駐車場を探しているドライバーからによるものです。

空気質の改善

スマート街灯が取り付けてある道路やHDカメラに埋め込まれたセンサーは、駐車スペースが空いているかどうかを判断し、ドライバーはスマートフォン・アプリで最も近いスポットを見つけることができます。画像には大量のデータが含まれているため、1つの組み込みコンピューター・ビジョン・システムでは多くの種類のデータを収集できます。時間が経つにつれて、ソフトウェアとハードウェアの改善により、同じコスト、サイズ、および電力に対し、より多くの機能が可能になります。したがって、当初は駐車スペースを監視するために導入されたシステムをアップグレードして、交通量、渇水およびゴミを監視することができました。このような駐車システムはバルセロナに設置されています。バルセロナでは、スペースのために循環している車の数が減っているため、交通量が減少しています。 自動車の排気ガスを少なくすることで、空気の質も向上します。ドイツの複合企業Boschは、空車の駐車場を追跡するために自動車のセンサーを使用する代替システムについて、Daimlerと協力しています。センサーはその情報をクラウドに送信し、クラウドは他のドライバーを空きスペースのある駐車場に誘導します。Boschがデザインした3つのデバイスは、ラスベガスの街灯に固定されています。ラスベガスでは、空気の質を監視し、二酸化炭素が特定の場所に蓄積すると交通信号のパターンを変えるテストを行っています。同社のエンジニアは、バックパックのサイズの箱に収まるまで、輸送コンテナのサイズで大気モニタリング・システムを縮小しました。 このシステムは競合技術の10分の1のコストで、二酸化炭素や窒素酸化物を含む数十の要素を測定します。

トラフィックフローの最適化

ラスベガスでは、「イノベーション地区」と呼ばれるダウンタウンで、いくつかのパイロット・プロジェクトを試みています。1つの目的は、機械学習と組み合わせて交差点にセンサーを配置することでトラフィックを改善することです。 センサーは車両を数えることができ、センサーは車両と歩行者をカウントすることができ、最終的にシステムは、月曜日と金曜日の交通との違いなどパターンを知ることを学びます。その後、トラフィックフローを最適化するための推奨を行うことができます。

政府サービスへのアクセスを緩和する

米国のサンアントニオ市は革新的な方法で生活の質を向上させています。この都市は460平方マイルに広がっているので、裁判所に出廷するためには長時間ドライブを必要とする可能性があります。この都市では、住民のために都市圏全体にあるキオスク裁判所でビデオ裁判モニターを持つことでこの問題が緩和されました。警察官は、システムを使用して、必要に応じて令状を迅速に取得することもできます。

高齢者のための生活の改善

開発のコンバージェンスはまた、高齢者の生活を改善しており、彼らが文化活動、医療施設、旧友、おなじみのご近所に簡単にアクセスできるように、自立を維持して都市に留まることを容易にします。これらの進展の1つは、「摩擦のない」公共交通機関の到来であり、高齢者は、(残りの私たちも)街を簡単に移動することができます。 摩擦のない交通機関は、交通のすべてのモードが接続され、経験を容易にするために最適化されます。支払いは、カードまたはアプリを使用して、集中システムによって処理されます。あなたのスマートフォンは、バスや電車の正確な到着時間をあなたに通知します。また、アプリは、交通の乗り換えに最適なルートを知るのに役立ちます。そして、すでにスマートフォンで支払い済みのチケットでバスまたは地下鉄に乗ることができます。シカゴの初期の例を見ることができます。シカゴでは、Ventraカードが都市交通システムの様々な方法で乗車料金を支払うことができます。CTA、Pace、Metra カードのアプリの導入により、市は自転車の追加を試みています。

医療の改善

もう一つのコンバージェンスの開発は、トラッキングできるバイタル・ウェアラブルなど数多くのIoT接続医療機器です。心臓モニターは不整脈のような病状を観察し、医師にリアルタイムで病状を知らせることができ、スマート・グルコース・メーター(血糖値測定器)はスマートフォン・アプリで血糖値をトラッキングすることができます。整形外科用インプラントに埋め込まれたセンサーは、手術後の状態を伝えることができます。遠隔監視ツールを使用すると、家族介護者は高齢者を目立つことなくモニタリングすることができます。例えば、コーヒーメーカーなど接続されたデバイスがオンになったときに警告します。日常の行動範囲から離れると、家族が確認することができます。スマートな高齢者の家庭が機械学習を使い始めています。高齢者の日常の行動からのインサイトを得るための予測分析や何か普段と違う場合は、スタッフに警告します。

これはすべて始まりに過ぎません。 シカゴは、開発したオープンソース・コードを共有することによって他の都市をもっとスマート化するよう奨励しています。毎回一から作り直すことなく、都市はお互いの成果を上げることができます。また、都市があらゆる種類のデータを収集し、アプリ開発者や住民に利用できるようにすると、まだ想像もつかないほど新しいアプリケーションやメリットが出現します。
注意事項:IoTを通るすべてのデータと、潜在的に脆弱なエントリーポイントをネットワークに乗算するため、最初からエンド・ツー・エンドのセキュリティーを構築することが不可欠になります。

原文はこちら: 6 Ways The Internet Of Things Is Improving The Quality Of Urban Life

AIによる医療革命。創薬、臨床試験、ロボット手術、患者管理を効率化 世界のIoTに関するレポート公開中