【IoTトレンド】「IoTに独自のネットワークが必要な5つの理由」など最新のリスト記事まとめ

【IoTトレンド】「IoTに独自のネットワークが必要な5つの理由」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

Azure IoT Edgeが産業界向けに最適なエッジ・コンピューティング・プラットフォームである5つの理由

先週、Microsoftはここ一年以上開発を続けてきたAzure IoT Edgeが一般向けに使用可能になったと発表しました。現在一般向けで使用可能な、AWS、Azure、Google Cloud Platform、IBM Cloud及びAlibaba Cloudの5つのパブリック・クラウド・プラットフォームの中では、MicrosoftとAmazonのみが洗練されたエッジ・コンピューティング戦略を持っています。
Azure IoT Edgeの特徴は、以下のようなものです。

  1. オープンソースのプラットフォーム
  2. コア部分のコンテナ、Docker
  3. エコシステム・エンゲージメント - OEMs及びODMs
  4. セキュリティ - Device Provisioning Service
  5. エッジでのAIAzure IoT Edgeは、Microsoftのインテリジェント・クラウド及びインテリジェント・エッジ構想において、重要な役割を果たします。

コンテナ化されたモジュールやHSMとのインテグレーション、Visual Studioなどは、Azure IoT Edgeを業界でもっとも包括的なエッジ・コンピューティング・プラットフォームに作り上げています。

話題の元記事はこちら: 5 reasons why Azure IoT Edge is industry’s most promising edge computing platform

IoTに独自のネットワークが必要な5つの理由

AT&Tは先週、アメリカとメキシコでナローバンドIoTネットワークを開始する、と発表しました。同社は以前、今年末までにLET-Mを使ったIoTネットワークで、アメリカとメキシコの4億人を網羅すると語っていました。
アメリカの他の通信会社も、Verizon、T-Mobile、SprintなどのローパワーIoTネットワークを使用しています。
何故、ローパワーIoTネットワークに各社が関心を持つのでしょうか?これには、5つの理由があります。

  1. より安価なサービスを提供できる
  2. 120Kbit/s以下のパワーしか必要としない
  3. 4Gよりもはるかに小さなスペクトラムで提供できる
  4. より良いカバレッジを提供できる
  5. 旧式の2Gからの脱却

しかし、NB-IoTも一定のリスクを抱えています。歴史的にバンド幅は常に広がる傾向があるので、NBも早晩制約されるようになる可能性があります。又、NB-IoTはLTE-Mよりもかなり安価ですが、全く同じことができるわけではありません。例えば、LTE-Mはバンド幅が広い為、双方向通信も可能ですが、NB-IoTには不可能です。

話題の元記事はこちら: 5 reasons the IoT needs its own networks

2018年に注目すべきIoT企業10選

IoTはとても広範に渡っている為、テック企業であるかどうかに関わらず、ほとんど全ての企業をカバーします。IoT分野で今年注目の企業を以下にリストアップします。

  1. GE - 1889年にエジソンによって設立された同社は、Predixソフトウェアで、産業型IoTの核となることを目指す
  2. Schneider Electric - 2016年5月にスイッチやブレーカーなどの分野のIoTクラウドサービスを開始
  3. ARM - マイクロコントローラー・テクノロジーの先駆者
  4. Robert Bosch
  5. ディストリビューション・チャンネル - Accenture、Deloitte、IBM、Arrow Electronics、Avnetなど
  6. Riot Micro - ウルトラ・ローパワーチップ
  7. zGlue
  8. ETA Compute - サブ・ミリワット・チップ
  9. Bebop Sensors - ファブリックベースのプレッシャーセンサー
  10. TrackNet - 産業及び一般向けのLoRaネットワーク

話題の元記事はこちら: 10 IoT companies to watch in 2018

5Gワイヤレステクノロジーが毎日の通勤を変革する3つの分野

今年末までには、いよいよ5Gが始動すると言われています。これにより私たちの生活には革命的な変化が起きます。
5Gテクノロジーは通信スピードの向上だけでなく、デバイスを常時接続した状態に保つことができます。これはスマートホーム、スマートファクトリー、スマートカーなどにとっては理想的です。
この技術が毎日の通勤に与える影響を考えてみます。
5Gの活用によるリアルタイムの交通渋滞情報が収集され、渋滞緩和の為の信号操作などで、通勤にかかる時間が短縮されます。
セルフドライブ・カーが実現すれば、通勤の間に運転以外のことをすることが可能になります。通勤途中に居眠りすることも出来ます。

話題の元記事はこちら: 3 ways 5G wireless technology could change your daily commute

3サービス・レイヤー戦略でIoT製品のカスタマーエクスペリエンスを素晴らしいものにする

商品を選ぶときには、人は以前よりも優れたカスタマーエクスペリエンスを得たいと思っています。私が、Jawbone睡眠計を購入したのも、人生の3分の1は寝ていることから、自分の睡眠をもっと良く知りたいと思ったからです。
しかし、届いた商品はそれほど魅力的ではなく、簡単に外れてしまうし、防水機能も宣伝ほどではありませんでした。(濡れて機能しなくなったJawboneは簡単に交換してもらえましたが)
では、何故私はこのデバイスを2度ならず、3度も購入したのでしょうか?それは、カスタマーエクスペリエンスが、他のどこよりも素晴らしかったからです。顧客に素晴らしいカスタマーエクスペリエンスを提供するには、以下のレイヤーを考慮することが必要です。

  1. 顧客にとって欠かせない鎮痛剤となること
  2. 絶妙のタイミングで、顧客の欲する情報を提供すること
  3. 長期的なビジョンがあること

話題の元記事はこちら: 3 service-layer strategies to make your IoT product’s UX shine

関連記事はこちら:【IoT用語集】Microsoft Azureとは?