【動画】ShelfAwareの説明

【動画】ShelfAwareの説明

ShelfAwareがどう機能するか興味がありませんか?ShelfAwareのについてCEOのAndrew Johnsonが説明します。

みなさんこんにちは、私(Andrew Johnson)はShelfAwareを使っているEskridgeの工場に来ています。今回はShelfAwareのプラットフォームの説明をしていきたいと思います。

ShelfAwareはRFIDを利用した在庫プラットフォームで複数の製品のベンダーをサポートしており、大規模なサプライチェーンでの対応が可能です。

ShelfAwareは仕入出荷ポイントから開始されます。まずサプライヤーが製品にラベルを貼付します。これらのラベルはRFIDでのタグによって在庫消費データの確認ができ、工場に製品が届けられてから出荷されるまでの間の管理が簡単に出来ます。

もし私がEskridgeで働いている従業員だったとしましょう。今回私はギアを揃えます。在庫がある所に行き、必要な物を取ります。

固定リングを取り出します。

ホースの形状の部品を取り出し、最後にO-ringの部品も取り出します。これらの製品のサプライヤーはそれぞれ違う業者です。消費者の為に様々な業者が提供している製品を消費者に届けるのです。

次に、消費者に届ける製品を持ってShelfAwareのチェックアウトステーションに移動します。単純にバーコードを読み取り、ライトが緑から青になる事を確認します。それだけです。

ShelfAwareは産業サプライヤーが長いこと持っていた疑問に答える事が出来ます。サプライヤーはいつ自分が供給した製品が消費されるかを知る事が出来ます。

記録されたデータはShelfAwareのアプリにて、サプライヤーと消費者の両方が確認する事ができ、在庫のチェックなどに役立ちます。データを使って自動的にドキュメントを作成する事も出来ます。サプライヤの受注伝票を自動化し、購買発注入力と消費者の領収書入力の手順の排除が出来ます。

ShelfAwareは全てのサプライチェーンにとってとても良い効果をもたらします。365日あなたの工場を管理します。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方

ロボットシステムが生産現場の安全性を向上させ、生産力を強化する。市場動向やタイプ別産業用ロボットの分析 世界のIoTに関するレポート公開中