ブロックチェーンがIoTを変える4つの重要な分野

ブロックチェーンIoTを変える4つの重要な分野 – 記事

ブロックチェーンは、第三者検証を可能にし、IoTデバイス間での重複入力を避け、セキュリティー上の懸念を緩和するのに役立ちます。

ブロックチェーン技術は、IoTの見方を変え、広範囲の業界に影響を与えています。侵害されたデバイスがビジネス・プロセスに混乱を招くのを防ぐことによって、ネットワークを保護する方法を提供しています。

これは、特定の権限を必要とする独自の方法で、すべての情報を取引し、忠実に記録する全会一致の、そして不変の方法を提供し、IoTデバイスを規制するための非常に有用なツールになります。共有された取引の元帳であるため、ビジネス・プロセス全体で信頼感と説明責任を提供します。

ブロックチェーンのダイナミックな美しさは、単一のエンティティーが記録を支配することはないということです。これは、様々な権限レベルの関係者に分散されたトランザクションが記録された単一インスタンスです。これは、1つのノードまたは接続に障害が発生した場合、残りのノード間でまだ変更されていない状態にとどまっているので、記録を変更、または失うことはありません。

ブロックチェーン・テクノロジーは、複数のネットワーク上で実行される労働集約的なプロセスを利用して、ビジネス・プロセスに革命を起こします。業務を合理化し、企業のコストを削減する単一の分散元帳を活用するために、それらを組み合わせることができます。複数人プロセスは、トランザクション内に埋め込まれたブロックチェーンとスマート・コントラクトによってほぼ即座にレンダリングされ、前記取引を単に実行することにより、ルールおよび条件が確実に満たされるようにします。

この技術のさらなる利点は、トランザクションが不変であり、本質的にそれらの存在によって検証されるので、第三者検証の必要性がないということです。これにより、会社の費用とリソースを節約するとともに、信頼性と透明性をもたらします。ブロックチェーン技術がIoTドメインを変革している4つの重要な分野を見てみましょう。

1. ブロックチェーンを活用してワークフローを改善し、概要を即座に提供する

運送業界では、この技術はプロトコルの各ステップで様々な文書を管理する上で非常に貴重です。サプライチェーンはかなり複雑であり、相互通信ポイントの量によって妨げられます。輸送コストの5分の1が文書処理および管理に関連していると推定されています。

この技術によりネットワーク・コンセンサス無しで文書を変更または削除することはできないため、自動検証の手段が提供されます。各参加者は、許可レベルに基づいて、サプライチェーンのあらゆる側面やドキュメントのステータスをリアルタイムで表示できます。

IBMとMaerskは、ワークフローを処理して文書の軌跡をトラッキングするためにブロックチェーンを実装することで、これらの問題を対処しています。システムの透明性は、詐欺や間違いを減らし、在庫管理を改善し、業界全体の数百万を節約するプロセス全体を強化します。

2.ブロックチェーン上の資産ライフサイクルの管理

ブロックチェーンは何かを記録するために使用され、トランザクション・データに限定されるものではありません。したがって、歴史、保守、故障、および所有権に関して、資産を管理するためのこの技術の可能性にはニッチがあります。これらのパラメーターは、測定されていないことが多く、リソース不足や記録の分離によって重大なエラーが発生することがあります。

例えば、航空機は、あらゆる所有者と変化する部品との典型的に長いライフサイクルを有します。どの部品が交換されたのか、いつどの部品が交換されたのかを知ることは不可欠です。 IoT、計装とデバイス認証を組み合わせることにより、不本意な記録のすべての部分について反駁不可能な起源を確立することができます。これにより、乗客と将来の買い手の両方によって信頼性と安全性が追跡されます。

さらに、ハードランディングのような有害な出来事は、IoTデバイスによってトラッキングされ、ブロックチェーンに永久に記録されます。これは、すべてのステークホルダーにとって航空機の信頼性に関する重要な情報となります。

3.ブロックチェーンを使用したインフラストラクチャーの管理

通信業界では、FCAPS(障害、構成、会計、パフォーマンス、およびセキュリティー)モデルによってネットワーク管理が容易になります。過度の量のデータに起因するサービスレベル契約の実施には問題があります。ブロックチェーン技術は、複数のドメインにわたるFCAPSの再構築を支援し、複数のサプライヤーとベンダーの参加を追跡することができます。

これは、関連する組織の広範なネットワークにわたるプロセスを記録する必要がある様々な業界にとって価値があります。例えば、輸送、エネルギー、および水産業では、すべてのレベルで重要な指標を識別することが可能となり、関係者が透明性を確保できるようになります。

4.食料サプライチェーンの安全性と信頼性の保証

消費者は、購入する食品の製造元についてますます認識し、心配しています。ブロックチェーンを使用すると、1つの分散元帳上の複数のソースからの成分をトラッキングして追跡することができます。 これにより、チェーン内のすべてのステップの概要を即座に確認できるため、複雑で多面的なプロセスを簡素化できます。

これは、特に原料の出所が広がっている加工食品にとって、結果をもたらします。ブロックチェーン内にトランザクションとして各ステップを実装することにより、品質問題が発生した場合、ソースを正確に特定し迅速に対応することができます。ブロックチェーン技術は、IoTデバイスの接続方法を変えています。分散された分散元帳は、セキュリティー上の懸念を緩和し、第三者検証を可能にし、重複入力を避けることができます。一言で言えば、私たちが知っているように業界を変えている、便利で安全な疑う余地のないリソースです。

原文はこちら: 4 key areas where blockchain can transform IoT

デジタル化が進む自動車産業に統合されるゲーミフィケーション技術。その概念と先進技術の調査、分析 世界のIoTに関するレポート公開中