【動画】 Smart Industries2018 – SmartAnimoとChatbot(チャットボット)について

【動画】 Smart Industries2018 – SmartAnimoとChatbot(チャットボット)について

パリで行われたSmart Industries 2018では、生産をより効率化する為に新しいエンドツーエンドのIoT SmartAnimoとChatbotの公開をしました。

Benno Ludicke氏が語っています。
今年、我々は新しいプロジェクト、「SmartAnimo」を開始し、新しい機械学習技術を自動化で行います。

ここにあるのは、Industry 3.0のコンポーネントで、新しいデジタルレトロフィットボックスをMicrosoft Azure Cloudに接続します。

Azure Cloudでは、ステーションで収集した全てのデータを分析するように機械学習を設定します。何か異常がある時はいつでも解決しようとします。

異常を感知する仕組みは、まず正常なシステムの動作を1~2時間記録しておき、記録されているデータと動作しているライブのデータを照らし合わせ、変化がないかを確認する事が出来ます。

もし異常を見つけた場合、直ちにユーザーに報告します。異常をクラスター分析し、何が正常ではないのかを明確にして何をすべきかをユーザーに指示します。

顧客の利益になるものとは?
従来のやり方で行うと、ユーザーは全ての機器を探り何が異常なのかを知る必要がありましたが、機械学習と科学の進歩により、正常な状態の記録だけで機械が分析をして生産をしている時に異常を感知する事が出来るようになりました。

このような機能を搭載した機械をどのように今ある機械に付け加える事が出来るでしょうか?

Digital Retrofit(Retrofitting)を行う事でその問題は解決します。Retrofittingは、現在使っている機械をセンサーなどを付け加えて、そのまま使ってretrofitソフトウェアによってデータの収集やデータをクラウドやサーバーなどに送ることが出来るようにします。

Chatbot(チャットボット)はモバイルワーカーと機械間での通信を簡素化出来るでしょうか?

機械との通信には、HMIやコーディングなどの技術やスキルが必要です。チャットボットは人工知能を使用しています。

自然言語処理技術により、私達は自然言語を使って機械とコミュニケーションを取ることが可能です。

例えば、SmartAnimoにActuator X1の状態を聞いてみる事が出来ます。そうすると「Actuator X1は機能していません」と返答が来ます。また、このような質問以外でも、さらに難しい内容を聞いたりする事も可能です。

元動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
医療、自動車産業で拡大する超音波センサー市場。2018〜2023年の間にCAGR10.96%で成長し、55億米ドルの価値... 世界のIoTに関するレポート公開中