【日本海外事例集】Mnuboは日本にIoTのデータ分析とAIソリューションを導入するため東京に拠点を開設

Mnuboは日本IoTのデータ分析とAIソリューションを導入するため東京に拠点を開設 – 記事

本日、世界的なモノのインターネット(IoT)分析とAI(人口知能)企業である Mnubo(本拠カナダ、ケベック州)は、東京の港区に拠点を開設したと発表しました(北米以外で初のオフィス)。この戦略的マイルストーンは、Mnuboの長期的な投資と日本市場へ取り組む次の段階を迎えます。

同社は、ソリューション・エンジニア、データ科学者、ビジネス・マネージャーなどのIoTデータとAIの専門知識を活用して、東京拠点の社員を継続的に増員していることも発表しました。Mnuboはまた、日本の企業内でのIoT分析とAI技術の採用を加速するために、主要な日本のIoTソリューション・プロバイダーおよびシステム・インテグレーターと戦略的パートナーシップを締結しています。さらに、同社は地元の顧客基盤をより良くサポートするために、日本語版のMnubo SmartObjectsプラットフォームも発表しました。

人工知能とインターネットは、ケベックと日本の関係の重要な基盤の1つであり、今後もそうなるでしょう」

と、ケベック州政府在日事務のLuci Tremblay氏は述べています。

「東京拠点でのビジネス価値を推進し、このハイテク業界のリーダーとしての地位を迅速に築いたことを嬉しく思います。 これは、他のケベック州の企業がこの巨大で革新的な市場に参入することを促す非常に有望なスタートとなります」

日立、ヤンマー、イッツコム、Connected Design株式会社などの日本の大企業は、AIOによるIoTのインサイトを通じ、IoT企業が接続された機器データからビジネス価値を引き出すことを支援します。

「当社の有力ポートフォリオ企業の一つであるMnuboは、迅速にIoTとAIの革新を世界的な日本のメーカーにもたらし信頼できる技術プロバイダーになっています」

と、ホワイト・スター・キャピタルのベンチャーパートナーであるShun Nagao氏は述べています。

「私たちは、同社の日本への継続的なコミットメントに嬉しく思い、IoTのデータ駆動型ビジネスの変革を実現することに重点を置いたMnuboの優秀なセンターをサポートすることを心待ちにしています」
「日本は何十年にもわたって世界的な技術革新の中心になってきました。Mnuboは、この市場における当社の最先端のAIおよびIoTソリューションと専門知識を投資することを誇りに思っています」

と、MnuboのCEO、Frederic Bastien氏は述べています。

「Mnuboはこの市場で強力な顧客基盤を持ち、伝統的な日本のメーカーにAI駆動のIoTイノベーションをもたらし、新しいデジタル業界への進化を加速しています」

Mnuboについて

2012年に設立されたMnuboは、モノのインターネット企業であり、接続された製品メーカーやサービス・プロバイダーにデータ分析、機械学習人工知能ソリューションを提供しています。 Mnuboは、すぐに使えるIoTのインサイトと高度なIoTデータ・サイエンスを使って、SaaSソリューションを通じIoTデータからビジネス成果を出します。 詳細については、http://www.mnubo.com をご覧ください。

お問い合わせ・原文はこちら: Mnubo Sets up Office in Tokyo to Bring Its Internet of Things Data Analytics and Artificial Intelligence Solutions to the Japanese Market

ブラジルのファクトリーオートメーション、2020年には80億8,000万ドルに。市場分析と今後5年間の予想 世界のIoTに関するレポート公開中