【IoTトレンド】「IoTデータを溜め込まずに、いかに活用するか」など最新のハウツー記事まとめ

【IoTトレンド】「IoTデータを溜め込まずに、いかに活用するか」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTデータを溜め込まずに、いかに活用するか

IoTはデータが全てです。しかし、企業の中にはデータを溜め込んでしまって活用していないところも見られます。
収集したデータを全てクラウドに送り込んでしまうことは、データの盗難や、コスト、規制などの関係から理想的とは言いかねます。その為、企業はどのデータをクラウドに送り、どれを手元で管理するかの決定を下すことが必要になります。
多くのデータは、ゲートウェイデバイスで処理することが可能です。例えば、工場の機械の不具合の兆候などは、そのデータが発生した場所で、解析・対応することが可能です。
又、エッジに搭載したマシーンラーニング機能により、膨大な量のデータをクラウドに送信する必要を性を省くことができます。
このようなサービスを提供する企業も見られるようになりました。Falkonry、Swim.aiなどがその好例です。

話題の元記事はこちら: How to use your IoT date instead of hoarding it

IoT、マシーンラーニング、ブロックチェーンでいかに新たなビジネスチャンスを創造するか

多くの組織は、昨年IoTやマシーンラーニング、ブロックチェーンやSAPのLeonardoに関連したテクノロジーのおかげで、新たな価値を発見しました。特定の問題を解決しようと始めたことが、結果として新たなビジネスモデルに結びついたりします。
SAPのLeonardoは全く異なる25の業種のフロントラインの役割を担っています。
例えばレンタカーに取り付けられたIoTセンサーが、ドライバーの行動を読み解き、マシーンラーニングを元に、もっと効果的なキャンペーンを実行することが可能になり、顧客が欲する商品やサービスを提供できるようになります。
又車両に取り付けられたセンサーから発信されるメンテナンスの必要性予測のシグナルの活用で、より効率的にメンテナンスを実施することができ、車両のダウンタイムの削減やメンテナンスクルーのパフォーマンスも向上します。
膨大な量のデータが収集される中で、ビジネスを成功させるには、ピンポイントでのデータの活用が必要となり、これにはSAP HANAが役立ちます。

話題の元記事はこちら: How to create new opportunities with IoT, Machine Learning and Blockchain

Raspberry Pi3を使ってサーベイランスシステムを構築する方法 

実際の作業を開始する前に、Raspberry Pi 3にNode.jsをインストールしておくことが必要で、且つパッケージが最新版にアップグレードされていることを確認してください。
カメラを使用するには、pi-cameraライブラリーをインストールしてください。そして、静止画像と動画のコンフィグを行います。
カメラをローディングしている間に不具合が起きないよう、DefaultはFalseを選択します。一旦カメラが撮影を始めたら、FlagはTrueになります。
侵入者があった場合に、Eメールに通知を行うよう、Emailモードを設定します。これには、nodemailerを利用します。
次にセンサーモジュールのコーディングを実行します。これには、npmモジュールのpigpioを利用します。
センサーから10CM以内の距離に対象物が近づいた場合、LEDライトが点灯し、ブザーが鳴り、写真を撮って、警告をEメールに送信するように設定します。

話題の元記事はこちら: How to build a surveillance system with Raspberry Pi 3

安全なサイバー環境で夏休みを送る方法

夏休みになると、子供たちが家にいて、常にネットに接続されたデバイスを使っている状態が続きます。夏休みにサイバーアタックの被害を受けないようにするには、以下のことに注意をしてください。

  1. 安全なWiFi環境 - 海外旅行先などで不用意に無料WiFiなどに接続しない。又ホームパーティーなどの際には、別個のWiFi環境を設定しておく。
  2. パスワードをより複雑なものに変更する
  3. スカムEメールに注意する
  4. ウィルスやマルウェアからPCを守る
  5. デバイスのアップデートを欠かさない
  6. 自分の参加しているSNSをしっかり管理する
  7. 家族や友人のセキュリティ意識を高める

話題の元記事はこちら: How to have a safe cyber summer

IoT向けのマイクロコントローラーを選択する方法

マイクロコントローラー(MCU)とはデバイスや空間に装着された小型のコンピューターを指し、それらの対象物に“頭脳”を与えます。MCUは、単一の統合されたサーキットの中で、一つか二つのコンピュータープロセッサー、メモリーとプログラム可能なインプット/アウトプット機能を持ちます。MCUはPCに装着されているマイクロプロセッサーとは異なります。
MCUはマイクロプロセッサーよりも機能は落ちますが、安価なのでデバイスや空間に頭脳を追加するには便利です。
MCUの特徴は、Bitサイズにより販売されている、RAMが装着されている、などです。MCUのオペレーティングシステムは、RTOS、Linux、Bare Metalなどです。
接続されたシステムを開発する為には、MCUだけでなく、それがプリントされたデベロップメントボードが必要となります。市販されているデベロップメントボードは、TI、Samsung、Arduino、Raspberry Piなどです。
自分の目的に最適なデベロップメントボードを選択するには、コンパティビリティやアーキテクチャ、メモリー、コストなどを校了する必要があります。

話題の元記事はこちら: How to choose a microcontroller for IoT

関連記事はこちら:【IoT用語集】JSONとは?

【IoTトレンド】「IoTデータを溜め込まずに、いかに活用するか」など最新のハウツー記事まとめ 世界のIoTに関するレポート公開中