【動画】Faurecia: IoT分析を活用して製造コストを削減し品質を向上させる

世界有数の大手車部品メーカー、FaureciaはClouderaの提供するIoTプラットフォームを利用することで、製造の稼働時間を最大化させ、さらに製品品質を向上させています。


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Faureciaでは3つの主な商品があり、それらは自動車のシート、インテリア、そして排出制御技術だと言います。

また、主な取引先にVolks Wagen、Ford、PSAなどがあるそうです。35カ国に300以上の拠点を持つ大企業です。

「近年私たちは山のようなデータを生み出しています。製造技術面では、欠陥のある部品を削減することや、欠陥品の削減に協力するしたりしています。目標としては、欠陥ゼロです。」とFaureciaのディレクター、Jose Gasconが言います。

工場での「車両故障」に他するのコストは、約100,000ユーロにも及びます。

そのため、彼らは、「メンテナンスや欠陥を予測」するシステムを使い、欠陥が起きそうな場所をあらかじめ推測することで、不良品の数を減らしているそうです。

使っている機械の数は2000にも及び、圧力や振動、温度など300以上の値を監視していると言います。

値はすべてリアルタイムで更新され、欠陥を防ぐため、従来の計測方法では不可能なアプローチが可能となっています。

大量のデータとクラウドを使用した共有システムにより、すべてのデータやソースをまとめることが可能です。

今までの施設では、数週間も数ヶ月もかけてモデルを作成していたものが、現在では数日〜数週間で可能になったとJoseは言います。

また、機械学習を導入することで、なにをどのくらい、どのように生産したら良いかなど、生産ニーズの予測をすることができるそうです。

これらすべてのIoTやデータ収集に関する知識を活用し、今後自動運転を搭載した車両の研究開発に携わり、より良いドライブ環境をお客さんに提供できると、確信していると言います。

Cloudera, Inc.について


Clouderaは機械学習と高度な分析のための新世代のプラットフォームを開発する会社です。
同社は2008年、シリコンバレーのトップ企業で働く数名のひときわ有能な人材—GoogleのChristophe Bisciglia、Yahoo!のAmr Awadallah、オラクルのMike Olson、FacebookのJeff Hammerbacherによって創設されました。2009年には、Hadoopの共同製作者であるDoug Cuttingがチーフアーキテクトとして参画し、現在も同職を務めています。今日、Clouderaは、世界各国の拠点に1,600人を超える従業員を擁しています。

詳しくは、https://www.cloudera.com/をご覧ください。

Faureciaについて

Faurecia社は1997年に設立された、世界35か国に拠点をもつ大手車部品メーカーです。主に自動車用シート、インテリアシステム、外装、排出制御技術において世界有数の企業です。また、シートフレームとシートメカニズム、排出制御技術、インテリアの分野ではFaurecia社は世界一の供給量を誇ります。

詳しくは、http://www.faurecia.com/をご覧ください。

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
【IoTレポート】産業用インターネット(IIoT)とコネクティッドマニュファクチャリング:主要なIIoT技術、アプリケー... 世界のIoTに関するレポート公開中