【IoTトレンド】「IoT成功への5段階」など最新のリスト記事まとめ

【IoTトレンド】「IoT成功への5段階」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTセキュリティが散々な6つの理由

IoTは従来型のITシステムとは様相が異なっており、これがセキュリティを難しいものにしています。
PTCのチーフセキュリティオフィサー、Josh Cormanが6つの理由を述べます。
第一は、失敗の影響がより深刻だということです。そして第二に、我々が対峙する敵が、今までに見たことの無いものだということです。第三は、現状IoT製品のメーカーから、製品に対する統一されたサポートが受けられないということです。またネットに繋がっているというだけで、生み出される利益に関わらず、一定期間のシステムアップデートやサポートを義務付けられるのは、経済定期に割が合わない、という声もあります。
次に、ほとんどのIoTデバイスは、異なる作り手によりハード、ソフト、ファームウェアなどが開発されたうえで、最後に一つに組み立てられているということです。
そして最後は、IoTデバイスが使われる環境が、従来のITとは全く異なるということです。家庭や車の中にはITマネジャーは常駐していませんし、工場でも一つの機械に影響が出ればそれが全てに広がる可能性もあります。

話題の元記事はこちら: 6 Reasons Why IoT Security Is Terrible

IoT成功への5段階

IoTさえあればスマートシティ構想は成功する、かのように言われることもありますが、それは間違っています。IoTプロジェクトで成功を収めているのは、全体の15%ほどに過ぎません。
ヘルスケアIT企業、Sysmex Americaのエンタープライズ・アーキテクト、Steve Postmaが、IoT成功への5段階を解説します。

  1. 先ずは始めること
  2. オペレーションを統合すること
  3. プロジェクトを現実的なものとすること
  4. カスタマーエクスペリエンスを充実させること
  5. 産業を変革するという心意気を持つこと

たとえ、プロジェクトの始動に時間がかかり、進捗が遅くなっても、しっかりと準備をしたプロジェクトは、成功の確率が高くなります。

話題の元記事はこちら: 5 Phases for IoT Success

IoTデバイスに関するカスタマーエクスペリエンスを向上する、6つの方法

IoTがいかにカスタマーエクスペリエンスを豊かにするかということに焦点をシフトしたことで、我々の周りにあるものの役割と、それらと私たちがどのように関わっていくかということは、大きな変貌を遂げています。今では、スマート・ユーザー・エクスペリエンス、という言葉もあります。
自社のIoT製品に対するカスタマーエクスペリエンスを飛躍的に向上させるには、どのように製品をデザインするかを総合的に考察することが必要です。

  1. デザインを分かりやすくする
  2. スマート・オートメーションを採用する
  3. インターフェースをパーソナライズする
  4. スクリーンの先を考える
  5. 広い視野を持つ
  6. ユーザーがエンゲージするデザインを考える

同様に、製品が使用するIoTプラットフォームも、ユーザーのエクスペリエンスをより豊かにするものでなければいけません。
今日、製品をスマートにするだけでは、企業努力が充分になされているとは言えません。激しい競争環境の中では、競争相手が注目していない、自社だけの分野を確立することが大切です。

話題の元記事はこちら: 6 Unmissable Insights to enhance Customer Experience for IoT Devices

安心して夏休みを過ごすための8つのセキュリティアドバイス

ホリデーを楽しんでいる間は、どうしても防犯意識が低くなってしまいます。ハッカーもそれを承知で攻撃を仕掛けてきます。
ホリデーを満喫する為に、気をつけておくべきことは以下のようなことです。

  1. VPNを使用し、WiFi自動接続やBluetoothなどはオフにしておく
  2. 身辺の安全に気を配る
  3. USBや外付けハードドライブなどは慎重に扱う
  4. 職場のPCなどをきちんと片付けてからホリデーをスタートする
  5. 会社の資産を使用するときには、慎重に取り扱う
  6. 全てのデバイスのアップデートを行い、安全管理もしっかり行う
  7. SNSは慎重に
  8. ホテルや空港のビジネスオフィスで備え付けのPCを利用するのは出来るだけ避ける

話題の元記事はこちら: 8 Security Tips for a Hassle-Free Summer Vacation

やがて一般でも実現するであろう、画期的なIoTの取組み4選

クリエイティブ・マインドにとって、IoTは限りない可能性を秘めています。情報を収集し、相互に交信するデバイスは、いまや人類の人口を超える数を記録しています。Ciscoのアメリカ公共部門のIoTダイレクター、TJ Costelloは、現在は大学にとって新たなIoTを作り出す画期的な時期だ、と述べます。
今後一般にも活用が期待できそうな、IoTを使った大学発の取組みを紹介します。

  1. 大学のキャンパス内で空室をすぐに探せるアプリ-大学内にBluetoothを活用したセンサー網を設置することで、即時に利用可能な部屋が検索可能に
  2. IoTツールを活用して、貧困などの社会状況の変革を目指す
  3. 講義室内のセンサーで学生の反応をチェックし、講義の質の向上を目指す
  4. 画期的な消費者プロダクトの創造を奨励する

話題の元記事はこちら: 4 Innovative Internet of Things Applications on the Horizon