【動画】紹介:KeyScalerのサービス – IoTセキュリティ

動画】紹介:KeyScalerのサービス – IoTセキュリティ

KSaaSは、社内環境をより豊かにするIoT管理ソリューションの提供をします。APIを介してインターフェイスの統合を迅速に行います。

2017年に公開された、「ワイルド・スピード」の映画を観ましたか?車がハッキングされて武器のように使われていて、もしこれが実生活で起こったらどうでしょうか?ハッカーが医療機器をハッキングして過剰に有害な薬を投与する事を考えてみて下さい。

スマートホームデバイスで子どもの様子が分かるカメラを誰かに見られていたらどうでしょうか?

何十億というIoTデバイスとデータのセキュリティの確保をどうしたら良いでしょうか?デバイスを信用出来なければ、もちろんデータも信用出来ませんよね。人間の手がなくてもセキュリティで守るにはどうしたら良いでしょうか。

デバイスとデータのセキュリティを管理する必要があります。

IoTの最大の課題は、ここまでの規模になった現在でも安全が確保されていない事です。

Device Authority Key Scalerプラットフォームは3つの根本的な課題を考慮してIoTの導入を支援しています。

デバイスの信頼性を確立し、管理します。データが生成されていから消費されるまでエンドツーエンドでデータのセキュリティを守ります。

IoTスケールでの操作効率は抜群で、インターフェイスの自動化は実証済みです。

KeyScalerは顧客へのサービス(KSaaS)の開始がされました。

このサービスは、IoTセキュリティ管理を簡素化し、IoTプラットフォームのデバイス管理を補完し、IoTソリューションを提供します。

KSaaSはカスタマイズ可能なユーザーインターフェイスを備えたソリューションになるように設計されています。

APIは、パートナーが独自のサービスの一環として機能を統合出来る融通性を提供しています。より多くのサービスを提供する事で、顧客の満足度を向上させます。

KSaaSは独自の設計手法でセキュリティを提供しており、その為に強力なビルディング・ブロックを使用しています。

脆弱性があると思われるパスワードなどはKSaaSのKPIによってセキュリティの更新を行います。

GDPRとプライバシー規制の事を考えてみて下さい。IoTは必ずデータを使用します。エンドズーエンドのセキュリティを実現し、コンプライアンスを満たすことは難しい作業ですが、データ暗号化モジュールは、エンドツーエンドのセキュリティ、プライバシーを守ります。

当局の広範なエコシステムとパートナー製品やプラットフォームとの統合により、IoTでの作業がより簡単になります。

PKIがインターネットやクラウド上での個人情報の管理を簡単に行うことができるようにします。

しかし、ユーザーインターフェイスのないデバイスではPKIを使う事は困難です。

操作をする為にIoTの自動化機能の充実をしています。

IAMプラットフォームを使う事で信頼性と安全性に対応する事ができ、IoTエコシステムを経済的、そして社会的に魅了します。

これらの特徴がIoTをより良くします。KeyScalerはIoTユースケースを実現的なものにします。

動画


* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方