【IoTトレンド】「KubernetesのAzure IoT Edgeとの統合」など最新の動画記事まとめ

【IoTトレンド】「KubernetesのAzure IoT Edgeとの統合」など最新の動画記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

KubernetesのAzure IoT Edgeとの統合

Kubernetesを利用して、コンテナ化されたアプリを展開・管理していて、旧来のノードとIoTデバイスにどうやってクラスターを配信しようか悩んでいることはありませんか?
Azure IoT EdgeはKubernetesと統合しました。これにより、上記の作業がスムーズに行えるようになりました。
今日のビデオではAzure IoTチームのPM、Venkat Yallaを迎え、これがどのように機能するかをデモを交えて紹介します。

話題の元記事はこちら: Kubernetes integration with Azure IoT Edge

AI、IoTそしてビックデータがサイバーセキュリティの未来を形成する

IoT、GDPRやAIの影響はどんなものだと思いますか?これらはそれぞれがマクロの影響力を持っていますが、複雑に影響しあってマシーンラーニングなどを形成しています。
これらのメガトレンドの影響はどのようなものなのでしょうか?
IoTは現在様々なものを接続することで相互に交信させています。IBM SecurityのCaleb Berlowは、「消費者は一旦デバイスをインストールすると、それが存在しているということを忘れてしまうことが多いが、そのデバイスがインターネットに接続されている限りは、リアルタイムでのアップデートが必要だ」と語ります。スマートカーにオイル交換が必要なのと同様に、システムのアップデートをすることも自然なメンテナンスの一環となるべきです。
GDPRが施行されましたが、アタックサーフェスは爆発的に拡大しているのに、プライベートな情報を制限しようとするのは、とても困難な試みです。このような状況でセキュリティを充実させるには、誰が攻撃を仕掛けているのかを知ると共に、アタックサーフェスを狭めることが大切です。

話題の元記事はこちら: How AI, IoT, and big data will shape the future of cybersecurity

Node.jsとDockerを使ってIoTデバイスを構築する方法

Node.jsとDockerを利用したマイクロサービスを使ってIoTアプリを構築・スケールする方法を紹介します。このプロジェクトは、SmartThings IoTハブとデバイスに接続されたIoTダッシュボードを提供します。
構築したアプリを使って、IoTデバイスのモニターを行うことができますが、このプロジェクトの真の目的は、マイクロサービスにレバレッジを与えるIoTアプリをどのように構築するかを学ぶことです。
Node Summitの許可を得て、Node Summit 2017で行われたShubhra KarとWyatt Preulのトークを紹介します。

話題の元記事はこちら: Build an IoT application with Node.js and Docker

Windows IoT入門 - ドライバー、センサーとNugetパッケージ

シリーズ第3回目の今回は、DmitryとSuzが、様々なデバイスとAzureサービスを統合するために設計されたスマートホームデバイスのプロトタイプを紹介します。
このスマートホームデバイスは、近接センサー、温度センサー、ウェブカムや小型のHDMIスクリーンを利用します。デバイスを接続するAzureサービスは、Microsoft Cognitive Serviceから提供されているAzure IoT Hub及びFace APIです。
Windows IoT Coreを利用したRaspberry Pi上のデバイスとセンサーとインターフェースするには様々な方法があります。
今回のビデオでは、3つの方法を検討します。ビルトインUWP API、Nugetパッケージ、及びC#ドライブに直接書き込むことです。

話題の元記事はこちら: Getting started with Windows IoT Episode #3: Drivers, sensors, and Nuget Packages

何故サイバーセキュリティをIoTプロジェクトの初期段階から構築する必要があるのか

IoTのユニークな特徴は、ネットワーク全体の中での多岐にわたるアクセスポイントです。このような状況では、サイバーセキュリティとセキュリティプロトコルの確立が特に重要になってきます。これがIoT開発の核となります。
このエリアは急速に進化しており、経験豊かなスタッフの働きが欠かせません。サイバーセキュリティデベロッパーを自社で雇用するか、外部のコンサルタントと契約を交わすことが必要です。経験の無い者が自分の判断でセキュリティを構築しようとするのは大きな間違いです。
この分野での失敗の代償は大きなものとなります。

話題の元記事はこちら: Why cybersecurity must be built into IoT initiatives from the start

関連記事はこちら:
【IoT用語集】Microsoft Azureとは?
【IoT用語集】IoT検定とは?