【IoTおすすめ本】匠のモノづくりとインダストリー4.0―第4次産業革命における日本の役割

IoTおすすめ本】匠のモノづくりとインダストリー4.0―第4次産業革命における日本の役割 – 記事

第4次産業革命における日本の役割とは?

内容紹介

日本が得意としていたモノづくりの分野で、欧米企業が巻き返しを図っています。 ドイツ、米国は、「標準化」や「集合知」といった日本人があまり得意でない手法でモノづくりの覇権を目指しています。 それに対して日本は匠のモノづくりで対抗しなくてはなりません。 それにはいまや失われつつある匠のノウハウを再構成、再構築する必要があります。 欧米の取り組みを取り入れつつ、日本のモノづくりの本質を見つめなおさなくてはならないのです。 本書は、欧米の動向をまとめることを意図していません。 日本のモノづくりの未来を考えるきっかけとなることを目指しています。 本書は日本のモノづくりの進化のための「工程」設計の考え方、温暖化や埋蔵資源制約下での無駄のない、長く使えるモノものづくり、お客様とともに作り上げるモノとサービスについて論をまとめています。

著者情報
柴田/英寿
生まれは三重県伊勢市(1967年)で、小学校より名古屋で育ちました。早稲田大学に入って東京に出てきました。日立製作所でシステムエンジニアになり、横浜に住んでいます。その後、大学院でセントルイスに住み、ロサンゼルスにも、ひと夏、いました。サプライ・チェーン・マネジメントが本職でしたが、サプライ・チェーンのシステムに関する特許を書き出したことから、知的財産権の世界に入りました。東京大学の非常勤講師や日本知財学会の創設期の理事などをするようになり、非常勤講師の延長線で、ボランティアの事業計画講座を毎年開催しています(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

  1. 序章 インダストリー4.0とは何か(ドイツの産業政策としてのインダストリー4.0インダストリー4.0を追うのは)
  2. 第1章 地球に、何が起きていて、何が問題・課題なのか(成長の限界工業の幻想 ほか)
  3. 第2章 ドイツ、米国、日本では何が起きているのか(ドイツで起こっていること米国で起こっていること ほか)
  4. 第3章 解決のためのコア(モノには神様がいる布教活動 ほか)
  5. 第4章 地球工場の向かっていく方向と行き着くところ(金融リスクの回避人口と雇用 ほか)

書籍情報

書籍名 匠のモノづくりとインダストリー4.0―第4次産業革命における日本の役割
著者 柴田 英寿
販売開始日 2015-10-01
金額 ¥2,160 (本記事記事公開時点)
ページ数 178
出版社 大河出版

関連情報

情報の更新: 2018年06月25日現在

【IoTレポート】産業用インターネット(IIoT)とコネクティッドマニュファクチャリング:主要なIIoT技術、アプリケー... 世界のIoTに関するレポート公開中