YANAIとRadiflow、致命的なユーティリティのためのセキュアなマネージドSOCを共同開発

YANAIは管理されたSOCに複数のRadiflowソリューションを組み込み、顧客のリモートネットワークトラフィックを監視し、異常やサイバー攻撃を検出します。

YANAI, LtdとRadiflow、Ltdは本日、重大なICS展開用に設計されたYANAIのSCADA セキュリティオペレーションセンター内に複数のRadiflowソリューションを統合するための新しい戦略的コラボレーションを発表しました。

この構造は、顧客のネットワークから保護パッケージを隔てることで、保護システムから外れる攻撃者による攻撃を防ぎます。一方では、ネットワークの監視、完全なネットワークの可視性、疑わしいデータの分析、運用回線への違反の検出、攻撃イベントの管理を提供します。

SOCに含まれるRadiflowサービスと製品は次のとおりです。

  • iSEC:iSEC ICSセキュリティ評価では、すべての資産および接続のネットワークマッピング、異常および脆弱性の検出、検出されたリスクの包括的なレポートおよび緩和計画が提供されます。
  • iSID:Radiflowの産業用侵入検知システム(IDS)は、継続的な資産可視性、ルールベースのリモートアクセス管理、シグネチャベースの保護、継続的な異常監視、アラートレポートのためのDPIポリシー監視を提供します。
  • iSAP:複数のリモートサイトにあるスマートプローブは、データトラフィック情報をSOCの中央iSIDに安全に中継します。 スマートなフィルタリングと圧縮を使用するiSAPプローブは、効率的かつ安全なデータトラフィック転送を可能にします。

YANAIのEmanuel Marynko会長は、

「私たちのマネージドSOCにより、インフラストラクチャで複数のネットワークセキュリティを運用に組み込むことが可能になり、セキュリティセンターの設置が不要になります。」

と言っていますし、YaiaiのSCADAサイバーセキュリティ部門の Yishai Shafran氏は、

「ユーザーは最も進歩した無停止の保護システムを求めています.Radlowは当然の選択でした」

とも述べています。

Radiflow社のIlan Barda CEOは、

「ICS事業者は、サイズや範囲にかかわらず、ネットワークの完全な可視性が必要であり、ネットワークの侵入を防ぎ、違反が発生した場合にOTの回復力を確保するための信頼できるツールが必要です」

と話しています。

Radiflow, Ltd.について

Radiflowは、産業用制御システム(ICS)専用のサイバーセキュリティソリューションのリーディングプロバイダーであり、産業用IoT自動化システムオペレータが安全に運用ネットワークの可視性と制御を維持できるようにします。 http://www.radiflow.com

YANAI、Ltd.について

1956年に設立されたYanaiは、イスラエルの電気工学会社で、電気インフラ、製造、発電所などで数千のプロジェクトを展開しています。 YanaiのSCADAサイバーセキュリティ部門は、インフラストラクチャに複数のセキュリティサービスを提供しています。 http://yanai-eng.co.il/
 
連絡先:Radiflow副社長Gilad Bandel gilad_b@radiflow.com +972(54)2460006

原文はこちら: YANAI and Radiflow to Collaborate on Secure Managed SOC for Critical Utilities

自動車業界に革命を起こすブロックチェーン技術。スマートマニュファクチャリング、IoTなどブロックチェーンの使用可能な部門... 世界のIoTに関するレポート公開中