【IoTトレンド】「IoT市場の成長で利益を得たチップメーカー6社」など最新のリスト記事まとめ

IoTトレンド】「IoT市場の成長で利益を得たチップメーカー6社」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTが都市での生活を豊かにする6つの分野

4月にロンドンで開催されたSmart to Future Cities Summitにおいて、アムステルダム市のイノベーションマネジャー、Theo Veltmanは「テクノロジーが人々の幸福に役立たないなら、テクノロジーが存在する意味がない」と語りました。
都市におけるIoTの貢献とは以下のようなものです。

  • 交通渋滞の緩和
  • 大気の清浄化
  • 交通量の最適化
  • 公共サービスへのアクセスの向上
  • 高齢者の生活の向上
  • ヘルスケアの向上

シカゴでは、他の都市もスマート化を促進できるように、同時に開発したオープンソースコードをシェアしています。
都市は、他の成功例の上に自分たちのスマートシティを構築することができます。全てゼロから開発する必要はありません。

話題の元記事はこちら: 6 Ways The Internet Of Things Is Improving The Quality Of Urban Life

IoT市場の成長で利益を得たチップメーカー6社

最新のモビリティレポートによれば、Ericssonは2023年までに198億のIoTデバイスが存在するだろうと予測しています。2017年の70億から飛躍的に増加することになります。この198億のうち157億がBluetoothやWiFiなどのショートレンジの短距離ラジオテクノロジーを利用したデバイスになると見込まれます。
この状況で大きな利益を得ると期待されているチップメーカーが以下の6社です。

LoRaは、多くのテクノロジー企業、政府エージェンシー、ネットワークオペレーターやインフラ設備製造企業から受け入れられています。5Gや他のテクノロジーによりローパワーラジオは益々トラクションを得るでしょう。

話題の元記事はこちら: 6 Chipmakers Poised to Benefit From the Internet of Things’ Massive Growth

2022年までに500億のIoTデバイスが接続される見込み

2022年までに、接続されたIoTセンサーとデバイスの数は500億を超えると、Juniper Researchが予測しました。これは、今後の4年間で140%の伸びとなるということで、この伸びの背景にはエッジコンピューティングがあると見られます。今後4年間で、北米、西欧及び極東と中国が消費者IoTの核市場となると見込まれています。
大規模なパブリッククラウド市場の主要コンペティターは、Amazon、MicrosoftSamsung及びGoogleです。

話題の元記事はこちら: 50 Billion Internet Of Things Connections Projected By 2022

IoTヘルスケアアプリ7選

ヘルスケア業界は、テクノロジーとIoTにより変革の時を迎えています。ヘルスケア業界で現在注目のアプリ7選を紹介します。

  • 補聴器:新型の補聴器はBluetoothテクノロジーを搭載し、スマホとシンクすることが可能です。より鮮明に音楽や会話を楽しむことが可能になります。又スマホと連動することで、フィットネスレベルや他のバイオメトリックデータの収集も可能です。
  • ムードを向上する装着型デバイス
  • 摂取可能な錠剤型センサー
  • コンピュータービジョンテクノロジー:GoogleメガネやAugmedixの装着により医師がより鮮明な画像を見ることができ、短時間での的確な診断が可能となる。
  • メディケーションの配達
  • パーキンソン患者の24時間モニタリング

話題の元記事はこちら: 7 Applications of IoT in Healthcare | MarkTechPost

IoTクラウド10選

お薦めのIoTクラウド10選を紹介します。

話題の元記事はこちら: 10 Cloud platforms for Internet of Things (IoT)

アジア太平洋地域で進むAI技術。AIソフトウェア、ハードウェア、サービス、ユースケースの市場予測 世界のIoTに関するレポート公開中