【IoTトレンド】「Azure IoT Edgeアップデート」など最新の動画記事まとめ

【IoTトレンド】「Azure IoT Edgeアップデート」など最新の動画記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

カスタムビジョンAIをAzure IoT Edgeで利用する

IoTデバイスで直接AIを実行させるというのは、SF映画の世界での出来事のようですが、Azure IoT Edgeを利用することで、これを簡単に行えるようになりました。Custom Vision Cognitive Serviceのおかげで、データサイエンティストでなくても、AI Custom Visionモデルを簡単に構築することができるようになりました。
今日のビデオでは、Azure IoT EdgeチームのPM、Emmanuel BertrandがどうやってRaspberry Piに形を認識させることができるかを紹介します。

話題の元記事はこちら: Custom Vison AI on Azure IoT Edge

Azure IoT Edgeアップデート

Azure IoT Edgeが市場に紹介されてから6ヶ月になります。
今日のIoT ショーでは、Azure IoT EdgeチームのPM、Chipalo Streetを迎え、このインテリジェントエッジ・テクノロジーが紹介されてから、どの様なことが起こっているかの最新情報をお知らせします。

話題の元記事はこちら: Azure IoT Edge updates

Windows IoT入門

シリーズ第2回の今回は、Dmitry とSuz Hintonが最初のWindows IoT Coreアプリ、Hello Blinkyをデプロイ・デバックする為のデベロップメントプロセスをカバーします。
ブレッドボードの設定の後は、Raspberry Piを使って、Hello Blinky UWPアプリをリモートで実行する様子をPC上のVisual Studioでデモンストレーションします。
Hello Blinkyのソースコードの紹介では、良く知られたAPI及びWindows IoT Core向けの新しいユニークなものも紹介します。
デプロイメントとデバッキングプロセスの紹介は、あなたがアプリを構築する際の有効な手助けとなるでしょう。

話題の元記事はこちら: Getting started with Windows IoT Episode #2: Creating, running and debugging with Pi hardware

IoTの未来

IoTがこの世に誕生する以前には、モノ(モノのインターネット)のみがありました。
更なる効率化が求められる機械や、収集され理解することが必要な情報、より高度なセキュリティが必要なもの、これらにWindowsは対応します。効率化、追跡性、セキュリティの提供、情報収集・理解、数多くの産業のさらなる前進を、我々は推進しています。
Azureの技術を使って、Edgeと共に、エンタープライズレベルの品質を提供し、それを向上し続けています。IoTの未来はWindowsと共にあります。

話題の元記事はこちら: The Future of IoT, Today

IoT World 2018キーノート

IIoTネットワークを構築することは、簡単ではありません。困難な状況や、長期にわたるライフサイクル、複数のアプリやユーティリティなど考慮すべきことは多くあります。ItronのプレジデントでCEOである、Philip MezeyがIIoTネットワークを構築する際に考慮すべき鍵となる事柄を紹介します。
IIoTネットワークには、スマートエネルギーから、スマートシティアプリ、大気センサー、スマートシティライティングなど、そのオプションには限りがありません。
適切な技術を必要なところに適用することで、IIoTネットワークにおける、スマートコミュニケーションが達成できます。

話題の元記事はこちら: IoT World 2018 Keynote: Delivering a Multi-Application IIoT Network

関連記事はこちら:【IoT用語集】Wi-SUNとは?