【IoTトレンド】「どのようにエンタープライズIoTを活用するか」など最新のハウツー記事まとめ

【IoTトレンド】「どのようにエンタープライズIoTを活用するか」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IIoTにどのようにレバレッジを持たせるか

IIoTは、製造業において、製造工程や製品、センサーなどから収集したビックデータから解析とマシーンラーニングを行うものです。製造業者はこれらから、改善点を見つけ出しコストの削減をおこない、カスタマーサービスの改善を図ります。
このようなシステムの恩恵を受けている会社の例がRexnord Corpです。同社は設計と製造を行うPMCプラットフォームを採用しています。同社のベアリングやカップリング、ギアなどはパワープラントや鉱山で利用されています。
今年初めから、Rexnord CorpはIoTium Edge-Cloudを利用し始めました。これは、リモート資産管理と、予防的メンテ、予測解析を行うことを可能にするものです。
これにより、Rexnordは前世代の機械も接続することが可能になりました。最大の恩恵は、リモートでリアルタイムの情報を得ることができるようになったことです。以前は鉱山などに設置されている機械のデータを収集する為には、膨大な手間がかかっていましたが、IIoTスマートプロダクトを使用することで、顧客の生産性の向上が見られるようになった、という結果が既に現れています。

話題の元記事はこちら: How to leverage the industrial internet of things | ZDNet

どのようにエンタープライズIoTを活用するか

IoTデバイスからは、常時様々な情報が企業にもたらされていますが、最近行われたCapgeminiの調査によれば、企業の60%は解析能力が不足しており、収集されたデータがただ積み上げられているだけの状態だということが分かりました。IoTデータを有効活用することができれば、更に効率的で競合他社に競り勝つことができる組織を作ることができます。
その第一歩は、どうしたらIoTから有効なデータのレバレッジを得ることができるかを理解することです。そして、目標を設定しますが、その際にもオープンマインドを持ち続けることが大切です。
次に、デジタルトランスフォーメーションを見据えて、IoTを利用することが重要です。
McKinsey Global Instituteによれば、2025年までにIoTの経済効果は年間11兆ドルを超えると予測されています。IoTから得られるデータを有効活用し、製品や顧客満足度の向上、経費の節減などを実現できる企業が勝者となります。

話題の元記事はこちら: The Data Pile-Up Problem: How to Capture and Monetize Enterprise IoT

セキュリティ以外にリテールIoTが持つ3つのリスク

Gartnerによれば、現在世界中には人類の数より多いIoTデバイスが存在しています。街角の個人商店でも、顧客をより良く理解する為のIoTの重要性を認識しています。
しかし、このようなトレンドは、セキュリティ以外にもリスクを抱えています。
それらのリスクとは、(1)初期投資のコストが膨れ上がる、(2)政府による規制、(3)計画外のメンテナンスコストの発生、です。
コストの増加に対する解決策は、センサー、ゲートウェー、コネクティビティからソフトウェアまでのE2Eソリューションを一括で提供するベンダーを選択することです。
政府による規制に関しては、顧客や事業主が知識を得ること、信頼できるIoTコンサルタントにコンタクトを取ることなどで対応できます。
メンテナンスコストに関しても、継続的なメンテナンスを提供するベンダーを選択することで多額の費用を節約することが可能です。

話題の元記事はこちら: 3 retail IoT risks that aren’t about security (and how to mitigate them)

製造業と運輸業において、いかに産業型スマートウォッチを活用するか

産業型スマートウォッチは、製造業や運輸業の抱える問題解決に特化して使用することができます。質や生産性の向上、コストの削減などです。スマートウォッチにつきものの小型のインターフェースは、複雑な産業プロセスを小型の個別アプリに落とし込むことに適しています。
ここでは、産業型スマートウォッチの品質管理での役割を紹介します。その利点は、バーコードスキャナー機能やカメラ機能を使って、不良品の記録をとる、製品データの有効な収集方法を確立、最新の工程指示が遅滞無く実施できる、などです。
製品の到着時から、保管情報、製品の記録など全ての工程の記録をとることが出来ます。

話題の元記事はこちら: How to Use an Industrial Smartwatch in Manufacturing and Logistics | IoT For All

どのようにIoTを行うか

この記事では、IoTアーキテクチャに関わる基本的なレイヤーを紹介します。
IoTのエコシステムは、クラウドコンピューティング、コンピューター管理システム、ビックデータとモビリティの交差点に存在していて、多くの産業にとってゲームチェンジャーになりうるということが理解できると思います。
異なるマーケットセグメントでのキープレーヤーを以下に紹介します。

  • サービス&マーケティング Jasper、Kore、Echelon、Axeda、Movil Solutions
  • サービス提供会社 HP、Qualcomm、Deloitte、IBM、Accenture
  • ネットワーク ATT、Sprint、Cisco、Verizon
  • ソフトウェア Oracle、Google、GE、SAP、Microsoft
  • ハードウェア Qualcomm、Sixnet、Samsung、Texas Instruments、Motorola

話題の元記事はこちら: Video Review: How to IoT