【IoTトレンド】「デジタル小売業の未来の姿、7つの予想」など最新のリスト記事まとめ

【IoTトレンド】「デジタル小売業の未来の姿、7つの予想」など最新のリスト記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

あなたのIoT成長の展望に挑戦を挑む10のチャート

IoTが持つ、コスト削減と新しいビジネスモデルのポテンシャルを理解するには、アプリ開発と統合を実現するプラットフォームから始めることが必要です。特にクラウドサービスとAPIは
アプリとそれを提供する市場の拡散をスピードアップします。

  • 2020年までには、製造業、運輸、ユーティリティ産業がIoTプラットフォーム、システム及びサービスにそれぞれ400億ドルを支出すると予測される
  • 現在進行中のIoTプロジェクトトップ3は、スマートシティ、コネクテッドインダストリー、コネクテッドビルディング
  • McKinseyはIoT市場はICTベースのみでも5,810億ドルの価値があると予測
  • 北米のIoT電子機器消費者市場は、2022年までには昨年の900億ドルから1,800億ドルに延びると予想されている
  • IIoT市場は2021年には1,230億ドルに達すると見られている
  • GEによれば、IIoTアプリは64%のエネルギー産業でデジタルトランスフォーメーションの要と見られている
  • 2020年までには128億近くのIoTセンサーが利用されるようになる
  • IoT関連の特許を持つトップ5企業は、Samsung、Qualcomm、LG、HuaweiとIntel
  • Microsoft Azure IoT Suiteが最も人気のプラットフォーム
  • 中国の企業家は競争力を高める為にIoTを取り入れ、アメリカの企業家はコスト削減のためにIoTを取り入れる

話題の元記事はこちら: 10 Charts That Will Challenge Your Perspective Of IoT’s Growth

デジタル小売業の未来の姿、7つの予想

Amazonが創業を開始した1995年には、アメリカでインターネットを使ったことがある人は、3%にしか過ぎませんでした。後にeBayとなるオークションサイトが開設されたのもこの年です。これがデジタル小売業の元年です。
第2の波は、2007年のiPhoneの販売開始と共に訪れました。スマホが小売のあり方に変革を与えたのです。
私たちは、第3の波はデジタル化であると考えます。スクリーンに入力するのではなく、電子機器に話しかけることで情報を受け取り、ショッピングを完了することができるようになる日がやって来ています。AIVRにより、実際にショップにいるような体験ができます。
今後4年間でのAI躍進が期待され、モバイルペイ機能が支払いの主流になりますが、ショップのスタイルアドバイザーが機械に取って代わられることはないでしょう。消費者の関心事は、プライバシー保護で、Amazon、Alibaba、Googleなどのテクノロジー企業が小売のあり方を根本から変え、政府がオンラインの小売に対する規格化に乗り出すことでしょう。

話題の元記事はこちら: 7 Predictions On The Next Era Of Digital Retail

IoTスタートアップに実践力を持たせる5つの戦略

ミネアポリスで開催されたEnterprise Risingに出かけるに当たって、私が探りたかったのは、農業と製造業、小売業が大部分のこの都市でいかにIoTの起業を行うことが出来るのか?ということでした。このイベントで実際に目にしたのが以下の戦略です。

  • 資本はコモディティ、興味深い分野で小規模から始める
  • プルーフオブテクノロジーではなく、プルーフオブコンセプトに焦点を当てる
  • 顧客満足度で成功を測るのをやめる
  • 将来の見通しは過剰なものにしない
  • 大企業と真正面から勝負することを避ける

話題の元記事はこちら: 5 Strategies for Getting Real Traction With Your IoT Startup | IoT For All

IoTとブロックチェーンがサプライチェーンを変革する5つの方法

今日、サプライチェーンは、盗難、盗用、不適切な保存環境による商品価値の減少などの問題にさらされています。このような課題を解決するのに、IoTとブロックチェーンは有効です。
例えば、IoTを使ってトラッキングやモニタリングを行い、個々のブロックチェーンの情報から、特定の事象に迅速に対応することが可能になります。
具体的な例としては;

  • 製品の出所の追跡
  • 製品の品質の可視化
  • 製品の流れの追跡
  • 所有者が変わった場合の記録
  • ペーパーレスで記録を残すことができる

などです。

話題の元記事はこちら: 5 Ways IoT and Blockchain Are Transforming Supply Chains

投資家を真剣にさせるIoTに関する6つの真実

IoTとは、今まで独立していた物を繋ぎ合わせるものです。IoT自体は既に長年にわたって存在していましたが、近年の安価なセンサーの拡散が新たなオンラインでの機会をもたらしました。
いかに投資家が注目すべきテクノロジートレンドを紹介します。

  • 2025年までに、IoTデバイスからの収入とコスト削減は6.2兆ドルに達すると予測されている
  • 今後2年間で、接続されたデバイスの数は2,000億を超える
  • 消費者向けIoTデバイス市場は今後も伸びが期待される(例:装着型デバイスなど)
  • 車両間のコミュニケーションにより、アメリカでの自動車事故を年間60万件削減することが可能
  • 中国がIoT分野をリードする―調査会社、IDCによれば、今年中国はIoT市場でアメリカを抜き去る見通し
  • 土壌センサーなどのIoTテクノロジーにより農業分野での改善が顕著に

話題の元記事はこちら: 6 Internet of Things Facts to Make Investors Sit Up and Take Notice

関連記事はこちら:【IoT用語集】NB-IoTとは?