【IoTトレンド】「5Gとは何か - 次世代のワイヤレスシステム」など最新の解説記事まとめ

【IoTトレンド】「5Gとは何か - 次世代のワイヤレスシステム」など最新の解説記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

5Gとは何か - 次世代のワイヤレスシステム

この10年ほどの間に、4Gテクノロジーが世界のモバイルの主流になりました。インスタやUberなどの企業は、このテクノロジーから多大な利益を得ています。
しかし、今後の10年間でのIoTの台頭を考えると、ビックデータに対応できる、次世代のテクノロジーが必要となります、これが5Gです。5Gの市場への導入は限定的に行われていますが、これが世界中に広がるには、10年程度はかかる見込みです。
5Gに欠かせない周辺環境は、ファイバーオプティックケーブルですが、現状ではこれはまだまだ高価です。5Gは短い距離しかカバーできない為、導入に当たっては、多数の小型セルが必要となります。このセル設置に当たっての規制への対応も、テレコム会社がクリアしなければいけない課題の一つです。
又、Gbpsスピードを確保する為に、5Gネットワークには高い若しくは非常に高い周波数が必要とされ、24から86GHzが好まれる周波数レンジとなっています。

話題の元記事はこちら: What Is 5G? Understanding The Next-Gen Wireless System Set To Enable Our Connected Future

もしIoTセキュリティの課題が解決されなければ、何が起こるのか

Bain & Companyが行った調査によれば、調査対象となったIoTデバイスの購入者の45%が、セキュリティに対する懸念がIoTデバイスを受け入れる際の大きな障壁になっている、と応えました。又、70%の人が、IoTデバイスにもっと高度なセキュリティが施されていれば、購入すると応えています。ここから明らかになるのは、IoTセキュリティ市場は巨大な可能性を持っている、ということです。Bainの予測によれば、IoTセキュリティ市場は今よりも90億から110億ドル成長するだろうということです。
完全なIoTセキュリティを実現するには、巨額の投資が必要ですし、これが簡単に実現するとは思えません。しかし、これが行わなければサイバーアタックは無くならず、IoTの浸透やテクノロジーの進化に深刻な遅れが発生することが懸念されます。

話題の元記事はこちら: What happens if IoT security doesn’t get solved?

IoTとセキュリティにとって、モバイル世代が意味するもの

Z世代は生まれたときからのモバイル世代でもあります。この世代は、友達とのコミュニケーションや動画を見たり、音楽を聴いたり、ショッピングをしたりも全てスマホで行います。
彼らは、パーソナライズすることをプライバシーを守ることよりも重視する傾向があり、これ以前の世代よりも、セキュリティに関する意識が低いようです。
データシェアリングやソーシャルメディアには熱心ですが、自分の行動が自分自身や友達・家族にどんなセキュリティの脅威をもたらしているか、ということへの理解はあまり無いようです。
ソーシャルメディアにアップされた写真や情報を完全に削除することは不可能ですし、太く敵多数に対して拡散される情報から、パスワードが漏洩したり、マルウェアに感染したりする危険性も高くなります。また、公共の場所での無料WiFiもデバイスの脆弱性をアタッカーに露呈する機会を与えてしまいます。
この世代に対して、セキュリティの重要性を教育することがとても重要になっています。

話題の元記事はこちら: What the Mobile-Born Mean for IoT and Cybersecurity

イン・メモリーコンピューティングがIoTに意味するもの

イン・メモリーコンピューティングとIoTが、様々な業界や私たちの暮らしを再形成する為には欠かせないテクノロジーであるというのは、疑いの無いところです。Gartnerは、2019年までにはクラウド・ネイティブアプリ開発の75%までがイン・メモリーコンピューティング又はそれを使ったサービスを利用して、ハイパフォーマンスで巨大なスケーラビリティをモツアプリを統合するだろうと予測しています。同時にGartnerは、2020年までに2,080億超のデバイスがIoTに接続されるだろうとも述べています。
Cisco Global Cloud Index: Forecast and Methodology, 2015—2020によれば、2020年までにデバイスによって生み出されIoTを介してやり取りされるデータは年間600ZBに達するといわれます。
これに対応する為には、現在のところ企業にかけているテクノロジーが必要となります。
イン・メモリーコンピューティングは、現在よりも1000倍のスピードでデータを交信でき、既存のアプリに対しても使用することが可能です。
これは又、HTAPにも最適です。

話題の元記事はこちら: What in-memory computing means to IoT

ナイジェリアでのIoTの現状

アフリカというと、食べ物も着る物も満足に無い子供たちが泣いている、という映像が良くメディアに登場する為、ナイジェリアのIoTと聞いても、ぴんと来ない人が多いかと思います。
スタートアップが次々と生まれたりしているわけではなく、政府の取組み・方針なども明らかになっていませんが、実際は、ナイジェリアでもIoTシステムがデザイン・構築され、販売されています。
ハードウェアの分野では、センサーやノードを開発しているFasmicro’s Zenvus、iHabitatにより構築された Obuno IoT Engineなどは、良く知られています。
2014年に南アフリカで開催されたCisco Connect 2014では、CiscoはアフリカのIoT市場には5,000億ドルの価値があると予測しました。これは世界的に見れば小さな数字ですが、ナイジェリアがこの恩恵を受けるためには、自国内でのタレントの開発が必要です。
現状、ケニア、南アフリカ、ルワンダやエジプトに比べて、ナイジェリアのIoTテクノロジーのエコシステムはかなり遅れをとっています。

話題の元記事はこちら: What Does IoT Look Like In Nigeria Right Now? | TechCabal

【IoTトレンド】「5Gとは何か - 次世代のワイヤレスシステム」など最新の解説記事まとめ 世界のIoTに関するレポート公開中