【動画】IoT World 2018でのFox on the floor

【動画】IoT World 2018でのFox on the floor

機械学習、スマートファクトリ、エッジコンピューティング、その他メンテナンスに関するLosantが行ったデモのハイライトをご紹介します。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

Foxのブースにやってきました。これから、Losantのデモをご覧いただきます。

これは、私達が生み出したスマートファクトリです。Losantが作ったこの製品をどのように顧客が使うかをご紹介します。

工場で機械が故障するほとんどの原因は軸受けかミスアライメントによるものです。今回は軸受けをシミュレートするのは難しいので、ミスアライメントのシミュレートをしてみましょう。

では、実際に車軸を動かしてミスアライメントを実行してみます。ミスアライメントを実行したら、Losant Edgeを使います。Losant Edgeで表示されているものは、エッジデバイスからのデータです。デバイスは5秒毎に3000ものデータポイントから振動などを感知します。その際に、異常を感知しないデータはクラウド上に送信せず、異常を感知したデータのみクラウド上に送信します。そして、問題の解決を行います。

そして、こちらのデモでは、Losantで働いているDylan Schusterが担当します。エンジンと仮想現実を使ったデモです。

ここにはディーゼルエンジンがあり、もちろんエンジンですからこまめにメンテナンスが必要です。

数週間に一回、全てのデータ(油圧、回転数などの)を転送しますが、毎回機械と接続してそれをやっていたらコストも時間もかかります。Losantが開発したゲートウェイを使えば、リアルタイムのデータを仮想現実で読み取る事が出来ます。

エンジンには、バーコードが貼られており、デモではエンジンのデータを見る事が出来ます。

バーコードをタブレットを使いかざしてみると、データシートを見る事などが出来ます。そして、タブレットからは部品の注文も出来ます。仮想現実を使うことでエンジンに問題があった時の解決をより早くする事が出来ます。

今回は2つしかご紹介出来ませんでしたが、Losantはたくさんのソリューションを提供しており、他にもたくさんの製品があります。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
グローバル5G市場 – 5年間で約97%のCAGRで拡大し、2025年には251億米ドルの価値に達する見込み 世界のIoTに関するレポート公開中