【IoTおすすめ本】第4次産業革命: 日本が世界をリードする これから始まる仕事・社会・経済の大激変

IoTおすすめ本】第4次産業革命: 日本が世界をリードする これから始まる仕事・社会・経済の大激変 – 記事

ドイツで始まった第4次産業革命は、日本で進化し、完成する!ドローン、パワードスーツ、運転支援システムなど、現在の日本では産業技術の開発が急速に進み、生産性の飛躍的な向上が見込まれている。この新たな動きは、日本人の仕事や社会、経済をどう変えていくのか。2045年に到来するAI(人工知能)時代までの日本が歩む道を完全分析!

内容紹介

ドイツで始まった「第4次産業革命」は、日本で進化し、完成する! ドローン、パワードスーツ、運転支援システムなど、現在の日本では産業技術の開発が急速に進み、生産性の飛躍的な向上が見込まれている。労働人口の減少時代を迎える日本は、これによって世界最強になると同時に、働き方や仕事、社会のあり方が大きく変わる。2045年に人工知能が人間を超えると目されるが、その前段階で日本に何が起こるのか。衝撃の分析!

著者について
中小企業診断士、経済評論家、作家。1969年生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業等数社に勤務した後、中小企業診断士として独立。大手インターネット掲示板での、韓国経済に対する詳細な分析が話題を呼び、2007年に『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)を出版、ベストセラーとなる。以後、立て続けに話題作を生み出し続けている。データに基づいた経済理論が高い評価を得ており、デフレ脱却のための公共投資推進、反増税、反TPPのリーダー的論客として注目されている。

目次

  1. 第1章 第4次産業革命で最強になる日本(日本の労働者の49%がロボットに仕事を奪われる新聞配達員の仕事はドローンにとってかわられる!? ほか)
  2. 第2章 第4次産業革命は経済と社会をどう変えるか(新しい技術進歩は必ず技術的失業者を生むデフレギャップ、インフレギャップが次期産業革命の鍵 ほか)
  3. 第3章 技術革新の最先端を走る日本の現状(華奢な女の子でも、「ひょいっ!」と鉄骨を運べるわけロボットが人間の意思どおりに動作する ほか)
  4. 第4章 技術をもつ国の未来ともたざる国の末路(付加価値を生産できないからインフレ型貧困に陥る自前の技術がない国は貧困から抜け出せない ほか)
  5. 第5章 次の産業革命を実現する日本の戦略(GPTの進化によってもたらされるもの第3次産業革命とインターネットの申し子 ほか)

書籍情報

書籍名 第4次産業革命: 日本が世界をリードする これから始まる仕事・社会・経済の大激変
著者 三橋 貴明
販売開始日 2016-05-31
金額 ¥1,404(本記事記事公開時点)
ページ数 255
出版社 徳間書店

関連情報

情報の更新: 2018年06月13日現在

【IoTレポート】産業オートメーション市場 – 世界の産業分析、規模、シェア、成長、トレンド、および予測20... 世界のIoTに関するレポート公開中