【IoTトレンド】「IoTセキュリティ、どうやって始めるか」など最新のハウツー記事まとめ

IoTトレンド】「IoTセキュリティ、どうやって始めるか」など最新のハウツー記事まとめ – 記事

話題の記事とは、SNSでシェアが多くトレンドとなっている記事のことです。モノWatchでは、毎日区分けされた話題コンテンツを発信しております。

IoTセキュリティ、どうやって始めるか

IoTセキュリティを充分なものにするのは、かなりの難題ですが、これは必要なことです。現在、企業が競争力を保とうとした場合、IoTなくしては成り立たず、この安全性が確保できなくては、データ漏洩やサイバーアタックの危険にさらされることになります。
最近では、カジノのデータが水槽の温度計から侵入したハッカーに盗まれるという事件もありました。
このような事態から企業を守る為には、以下のような配慮が必要です。

  • IoTデバイスを独自の独立したネットワーク上に設定する
  • 複数段階の認証を設定する
  • 使用していないデバイスのスイッチを切る
  • 自動のWiFiコネクション接続設定を解除する
  • アンティウィルスソフトウェアの更新を常に行う

話題の元記事はこちら: IoT security: Here’s how to get started

脆弱なIoTセキュリティの課題をどのように解決するか

IoTセキュリティの課題に関しては、あまりにも騒音が多すぎて、実際のところ何が課題の本質なのかという事が見えにくくなっています。
攻撃対象が広すぎるというのが、先ず課題です。現在でもIoTデバイスの総数は64億ほどあり、これが2020年までには210億に増えると予測されています。
ARMベースのプラットフォームが市場では主流ですが、Intelは独自のシステムを利用しており、その他、独自のハードウェアアーキテクチャを採用している会社も多く見られます。ソフトウェアに至っては、更に多種多様です。このような状況でIoT全般に対応できるセキュリティシステムを開発することは至難の業です。
IoTテクノロジーの目的が、情報の収集・伝達である為、デバイスはしばしば暗号化されていない情報をセキュリティの脆弱なポートを介して交信します。ここから、所有者の認証無しにデータにアクセスされたりします。
私たちは、IoTを個人的なデバイスと同義語に考えがちですが、産業型IoTなどもっと大規模なものもあり、生産性の拡大や、ヘルスケア産業では人の生死を分ける場面に貢献しています。しかし、接続されたデバイスの数が増えるほど、そのセキュリティへの脆弱性もより深刻な問題となります。
IoT分野に関しては、セキュリティを最優先事項として取り組むべき時期を迎えています。

話題の元記事はこちら: How to begin fixing vulnerable IoT security issues

モバイルテクノロジーが旅行の難点を解決

データ革命は2017年に起きました。それまではヨーロッパでは自国を出国するときに、携帯電話のローミングを切らなくてはならなかったのです。
これで、孤立無援になってしまい、旅の楽しみが半減してしまったものです。
この問題は2017年5月に解決されました。ヨーロッパでのローミングチャージが廃止されたのです。リアルタイムのモバイルデータの活用で、旅行経験が豊かなものになりました。
列車の時刻表や、行きたい店の営業時間などを簡単に調べることが出来ますし、モバイルプロバイダーのカスタマーサービスともいつでも繋がります。
又、Apple PayやSamsung Pay、Google Walletなどにより旅行中のお金の管理も現金を持たなくてもよくなり、安全で簡単にできるようになりました。

話題の元記事はこちら: How mobile technology is removing barriers to travel – IoT Now – How to run an IoT enabled business

IoTの時代からどのように利益を得るか

IDCは、2021年までにIoT関連の支出は1,1兆ドルに達するだろうと言われ、IoTインフラ関係への投資が伸びることから関連企業がこの機会をキャピタライズすることが予想されます。
企業のデジタル化と生産性の向上の為に、中東地域でのIoTの採用は今後数年の間に、大きく伸びるであろうと言われています。
調査会社は又、2018年の最大のテクノロジー分野は、ハードウェアであり、2,390億ドルがモジュールやセンサーなど、及びインフラやセキュリティ整備に利用されたと述べています。
これに続くのがサービス、ソフトウェアとコネクティビティ分野です。

話題の元記事はこちら: Janees Reghelini: How to profit from the Internet of Things era

IoTデバイスハッキングからどのように身を守るか

IoTデバイスへのハッキングは今では頻繁に発生しています。アタックサーフェス、アップデート、リスクアセスメントや時には信頼できるハッカーを頼るのが、リスクを回避する鍵となります。しかし今でもセキュリティ対策の優先順位は低いままです。
ハッキングはデバイスに侵入するだけでなく、それを介してネットワークに入り込みどんどん悪影響を拡散していくことです。デバイスやシステムへのハッキングを防ぐ為には、以下のような対策が必要です。

  • セキュリティの専門家をソフトウェア開発チームに迎える
  • デバイスのアップデートをその都度行う
  • リスクマネジメントの重要性を認識する
  • ハッキングのテストを実施する

話題の元記事はこちら: How to Protect Yourself Against IoT Device Hacking

【IoTレポート】通信インフラストラクチャ、ネットワーク技術、チップセットタイプ、アプリケーション、および地理による5G... 世界のIoTに関するレポート公開中