【動画】Industry 4.0とマシンビジョン

【動画】Industry 4.0とマシンビジョン

【動画】Industry 4.0とマシンビジョン

マシンビジョン、ディープラーニング、ロボット工学の革新はIndustry 4.0によって行われます。Cognexの新しい製品は製造業を大きく革新するでしょう。

* 本動画はGoogleにより自動的に翻訳された内容を字幕として表示することができます。自動翻訳の表示の仕方は、こちらより

製造業の未来はどうなっているでしょうか?機械のオートメーション化により製造される部品パーツは小さくなり、製品が市場に並ぶまでの時間が短縮され、早くなるでしょう。

マシンビジョン、ビッグデータディープラーニングの導入でクラウドを介してアクセス可能な膨大な量のデータを生成しています。

機械が情報を読取る事で、新しいシステムが現代の産業革命に影響を与えます。

これが、Industry 4.0です。

Industry 4.0では、機械は置かれた環境を把握し、生産を最適化する為の行動を起こします。

各マシンはセントラルコントローラー内で独立して情報処理がされます。その為、デバイスがなくても機械同士が通信を行うことが可能です。

Industry 4.0を採用している工場は新しいインサイトを生み出し、データのアクセスをどこでも行えるようになりました。

その結果、業績に良い影響が出ました。

マシンビジョンは新しい製造システムでは欠かせないものとなります。

Cognexでは、製造業の未来を支援する為のソリューションの準備が整いました。Cognexの製品は、工場内にあるデバイス同士で通信を行い、製造データを送受信します。

PLCと共同で作ったCogenx Connectは工場内のネットワークにアクセスしてパフォーマンスの向上が期待されます。

センサーは、ロボットが安全に作業を行えるようにロボットを誘導し、通信を行います。

リアルモニタリングはリアルタイムでデータを生成し、製品の管理をします。

1日になんと10億枚もの画像を撮り、Cognexはマシンビジョンの業界をリードしています。Cognexは今日の製造業を大きく支え、スマートファクトリの導入で未来を支援します。

この動画に関連する企業

動画の自動字幕/翻訳の表示の仕方
幅広い業界に影響を与えるブロックチェーン。市場の動向、テクノロジーの問題、主要な使用事例を調査 世界のIoTに関するレポート公開中