【IoTレポート】ソリューション、コンポーネント、産業、地理ごとによる産業制御およびファクトリオートメーション市場 – 2023年までの世界予測

IoTレポート】ソリューション、コンポーネント、産業、地理ごとによる製造制御およびファクトリオートメーション市場 – 2023年までの世界予測 – 記事

レポートの概要

研究範囲:
本レポートは、ソリューション、技術、コンポーネント、業界、地理ごとに産業制御と工場の自動化に関する分析結果まとめたものです。

レポート内容は、マーケットを次のソリューション別にセグメント化しています:SCADA、プログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)、分散制御システム(DCS)、製造実行システム(MES)、製品ライフサイクル管理(PLM)、機能安全およびプラント資産管理(PAM)。
さらに、次のコンポーネント別にもセグメント化されています:機械視覚、制御バルブ、制御装置、フィールド機器、工業用3D印刷、ヒューマンマシンインタフェース(HMI)、産業用PCなど。
このレポートは、北米、欧州、アジア太平洋地域(APAC)、およびその他の世界(RoW)の4つの主要地域に基づいてセグメント化された市場をカバーしています。

レポートを購入する主な利点:
産業制御および工場自動化市場の全体像を見るため、ソリューション、コンポーネント、業界、地理ごとに市場のセグメンテーション、分析、および予測が実例も交えて記載されています。
このレポートでは、産業用制御および工場自動化市場の主な推進要因、抑制要因、機会、および課題が詳述されています。
さらに、主要プレーヤーとその収益とともに、詳細な競争環境も記載されています。

産業制御および工場自動化市場は、2017年から2023年の間に著しい伸びを示すと予想されています
産業制御および工場自動化市場は、2017年から2023年の間に7.4%のCAGRで2017年の155.26米ドルから2023年までに239.1億米ドルまでに上ると予測されています。産業制御および工場自動化市場の成長産業用ロボットの継続的な革新により、製造への採用を促進し、大量生産の必要性と高まる人口に対応するサプライチェーンの結びつきや様々な産業における産業オートメーションの導入に向けた政府のイニシアチブを広範に利用しています。しかし、インフラ投資に影響を与える高い設備投資と限定的な再投資、石油・ガス価格の下落が大きな拘束要因となっています。

目次

  1. 前書き
  2. 研究方法
  3. エグゼクティブサマリ
  4. プレミアムインサイト
  5. 市場概況
  6. 産業動向
  7. 産業制御および工場自動化における製造工業を支援する技術の活用
  8. 工業用制御および工場自動化市場、ソリューション別
  9. コンポーネントによる産業制御および工場の自動化の市場
  10. 産業制御および工場自動化市場、企業別
  11. 地理学による産業制御および工場の自動化の市場
  12. 競争の景色
  13. 会社概要
  14. 付録
  15. テーブルのリスト
  16. 図のリスト

レポート情報

レポート名 Industrial Control and Factory Automation Market by Solution, Component, Industry and Geography – Global Forecast to 2023
発行元 ReportBuyer
販売開始日 2017年10月
金額 $5,650(本記事記事公開時点)
ページ数 219
言語 英語 – 翻訳サービス

関連記事/レポート

10018

Report Buyerについて

Report Buyerは業界トップレベルの業界インテリジェンスソリューションであり、トップの出版社からのすべての市場調査レポートを提供しています。

【IoTレポート】ソリューション、コンポーネント、産業、地理ごとによる産業制御およびファクトリオートメーション市場 &#... 世界のIoTに関するレポート公開中