スマート工場への4つの段階

スマート工場への4つの段階

製造は複雑で、抜け道はありません。 プロセス、材料、コンポーネント、サプライチェーンの複雑さは、品質のバラツキの大部分を引き起こし、生産性に劇的な影響を与え、製造業者は工場に大変革を起こすようインセンティブを与え、結果として収益率が低下します。このように多くのことが知られていないレガシー(従来の)工場からスマート工場に移行することは、技術的にも関係者にも劇的な変化(パラダイムシフト)を意味しており、ここで、スマート工場に移行するための4つの重要な段階について説明します。

リーダーシップのビジョン

私はデジタルワーク指導プラットフォーム(vksapp.com)に関心を持つ企業との会話で次のことをよく耳にします。「それは本当に素晴らしいですが、私たちはその準備は全くできていません」これは、製造上一意ではありませんが、最も否定的な考え方であり、単に彼らがわかっていないことに気づいていない結果でしょう。彼らは、明快さ、データ、可視性などの量を理解していません。彼らは、明快さ、データ、可視性などの量を理解していません。彼らは未来のビジョンを持つために、過去の組織の弱点を見ることはできません。ペーパー・ルーターを受け入れるのはこれらの企業で、鉛筆を使ってデータを収集しています。彼らは、収集した小さなデータはどこかでキャビネットにたどり着き、紛失することを認めています。ここでの疑問はなぜなのかということです。 なぜこれを受け入れられるのでしょう?それは、組織の上層部、リーダーシップが答えです。これらの組織は、チームの可能性と業務を見ているリーダーシップが必要です。本当に理解しているリーダーが何も行動しないことを決定し、今後、何十年にもわたって競争力を持ち続けたいと思っているなら、それは間違った決断です。

ソフトウェアの統合

革新的なリーダーがスマート工場への道を開始し、計画、ロードマップ、ベンチマークなどのすべてを確立した後、最初の論理的な段階は、デジタル通信とデータの取り込みを可能にするソフトウェア・ソリューションを統合することです。依然として紙や手作業に大きく依存しているメーカーでさえ、多くのソフトウェア・ソリューションを持っています。これらのソフトウェア・ソリューションは異なる目的を果たしており、ほとんどのアプリケーションがそれぞれの小さな世界で動作します。 これらのアプリケーションの統合ができる新しいシステムを導入することは、適切な方向への大きな一歩となります。今日、ERP、LMS、QMS、およびMESアプリケーションが連携しない理由はありません。 ERPおよびMESアプリケーションを接続することで、従業員がデジタル作業指示書にアクセスし、電子的に測定を実行および記録し、多量のパフォーマンス・データにアクセスするペーパーレスの作業場が容易になります。 同様に、MESシステムとQMSシステムを統合することで、自動化された是正措置が開始され、品質が改善されます。デジタル・ソリューションは、文書管理、バージョン管理、アクセス制限などの作業を簡素化し、トレーサビリティと説明責任を大幅に強化します。 これにより、現代のソフトウェア・ソリューションとハードウェアの追加投資が必要になる可能性が高くなりますが、ROI分析がうまくいけば、これらの投資の価値に対する懸念が迅速に解決されます。

インテリジェント・マシン

操作を制御および管理するソフトウェア・アプリケーションが近代化され統合されている場合は、機器、ツール、センサーなどを詳しく見てみましょう。もちろん、近代的な工場のショップ・フロアのソフトウェア・ソリューションには、マシンのインターフェース機能もあります。理想的には、OE、マシン設定とデータ、Andonと他のコンポーネントを自動的に起動、記録、そしてトラッキングできるように、マシンはMESとネットワークを介して通信します。この産業用インターネットに接続することは、サイバーシステムと物理マシンを完全にマージする重要なステップです。エンジニアとマネージャーは、完全に接続されたマシンを追加することで、効率の向上と生産スケジュールの最大化に役立つデータの可視性を得ることができます。メンテナンス・チームは、マシンが停止し、予定外の稼働の停止をより確実に予測し、防止できる理由を把握できます。 オペレーターは、マシンの稼動にもっと集中し、データを記録することが少なくなります。

人々を統合する

新しく近代化されたあなたの工場を見ると、完成したと思うかもしれませんが、決してそんなことはありません。人々はスマート工場で重要な役割を果たし続け、過去とは異なる役割を果たしています。従来の工場では、人々はかなり単純な仕事をし、一般的にマシンを作動させます。 単純すぎるものの、本質的にマシンのロードとセットアップをして、製品を組み立て、在庫を移し、他のタスクの中で壊れたものを修正します。 要点は、人々が業務の独立した部分として運営されていることです。操作上の知識の多くは脳に記憶されていますが、実際に、その情報は、人から人へと伝わった情報とまったく同じものではありません。操作は実際に決定を下す人々に依存します。 例えば、マシンが 「奇妙(weird)」な音をしていたら、シンディさんに電話すると、彼女はそれを修正します。 その部品が水準を満たしていない場合、オペレーターは機械を停止させ、一枚の紙に記入し、不適合部分を処分するため、ジムさんを呼び出します。これらのシナリオは、毎日工場で発生する実際の状況です。 人々をスマート工場に統合することは、すべてのものとの相互作用が変化することを意味します。 オペレーターはまだ機器を設置しているかもしれませんが、デジタル作業指示に従ってMESアプリケーションから行いますが、振動センサーがセンサーを停止させるため、機械は自動的に停止します。停止すると、マシンはMESアプリケーションと通信し、自動的にテクニシャンにメッセージを送信するメンテナンス・チケットを作成します。 技術者が応答すると、彼女はデジタル・トラブルシューティングの指示に従い、障害の根本的な原因を意思決定するのを動的に助け、解決策を推奨します。 このように、人々は依然として重要ですが、その役割は大きく異なります。

ここでのメッセージは、あなたの工場がこのライフサイクルのどこかにいるなら、おそらくあなたに向けたものでしょう。その先には多くの作業がありますが、初期段階でスマート工場に移行することが決定した場合、最も難しい部分が解決されます。 それは残りの部分が簡単だと言っているわけではなく、これら4つの大きな障壁を超えるために、適切な人材を確保していることが重要であり、それが非常に多くの企業にとって難しいことが分かります。 これらの企業場合、彼らは継続してコツコツと小さい段階的な改善を試み、簡単に達成できる目標に達し、本当に変革をもたらす企業は、最高の地位に辿り着きます。

原文はこちら: 4 Steps To A Smart Factory

【IoTレポート】トップインダストリアルロボティクス、トップサービスロボットによるトップロボット市場 – 2... 世界のIoTに関するレポート公開中